TEL LINE

ストレッチや体操の回数は?時間は? | 大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

お問い合わせはこちら
大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

ストレッチや体操の回数は?時間は?

2018.11.23 | Category: ストレートネック,マタニティ整体,交通事故・むち打ち施術,四十肩・五十肩,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

ストレッチや体操どれ位やるといいの?

質問がありました。

答え

常にやるといい

とおこたえしてます。

まだ、身体の悩みが少ない方はこの考え方を受け入れるのは難しいのかもしれません。

そして、まだ少しの期間しか痛みや不調になられた方も受け入れ難いのかもしれません。

しかし、痛みや不調になりなかなか改善されない悩みを乗り越えていけるタイミングになられた方はこの考え方がわかっていただけるんではないでしょうか?

 

当院の考えの場合は、ちょこちょこやりをオススメします

ストレッチや体操をするなら

①1日1回は365回

②1週間に1回は約52回

③1ヶ月に1回は12回

①〜③このあたりは一般の人ですよね

④1日に3回 1095回

ジムやトレーナーなど健康好きな人

⑤1日にちょこちょことやると1095よりはるかに多い

まとめた時間に、ストレッチや体操なんてやりたくない人や痛みがある人、健康ではいたい人にオススメです

 

①〜③と④⑤は全然回数違いますよね?

それは、一般の方と健康に詳しい人の差は歴然ですよね😅

やるといいのはわかるけど‥‥

って感じですよね

基本的に、私は面倒くさがりやですし、

15分とか30分以上ストレッチや体操に時間を割いられません。

三時間ごとに体操やストレッチなんてしてられません。(私は‥)

そして、過去に10年以上ストレッチや体操を指導してきた立場から言わせてみれば毎日できるお客さんはほぼほぼいません。

やったたとしても、痛くなった時だけとか、仕事のラジオ体操レベル、風呂上がりのストレッチレベルということが多いですね(^^)

 

動体法の一部やり方はホームページの動画にもあげてありまし、またお話ししますね(^^)

 

読んでいただきありがとうございます

 

 

 

←お友達登録お願いします(スタンプ忘れずに)

産後の骨盤矯正の前に骨盤=寛骨(左右)+仙骨+尾骨・寛骨=腸骨+坐骨+恥骨・・・・

2018.11.22 | Category: 産後のケア(産後骨盤矯正)

骨盤とは?

骨盤=寛骨(左右)+仙骨+尾骨

寛骨=腸骨+坐骨+恥骨

なんだそれは・・・

ってのが一般の方ですよね

産後の骨盤矯正のその前に出産後の骨盤について解説

出産を終えたママの体は 様々な症状が出ます

その原因の一つが骨盤の歪みと言われています

特に産後に

・腰痛になる

・お尻の辺りが痛い

・背中が痛い

・膝が痛い

・お腹が 元に戻らない

・お尻が大きくなった

・寸胴体型になるならなど

産後の体型に悩んでいる方が多いです

このような症状を改善したいと思い骨盤矯正をしようと考えている人も多く見られます

産後の骨盤矯正をする前に知ってほしい骨盤について説明していきます

 

 

 

まず骨盤の仕組みを知ってください

骨盤は左右の寛骨その間にある仙骨と尾骨という骨から構成されています

絵を見ていただくと分かりますが(手作りなので逆に見づらいかも・・・)

左右の寛骨は

正面の前側で連結しこちら 恥骨結合といい

仙骨と腸骨で関節しているところを仙腸関節と言います

よく骨盤と言われるものというのは この寛骨と仙骨と尾骨を合わせたものを骨盤と表現しています

寛骨+仙骨+尾骨=骨盤

 

医学的には仙腸関節は動かない関節不動関節と言われていましたが

今ではほとんど動かない半関節という表現をされます

 

動くと言ってもミリ単位のわずかな動きです

 

骨盤は人間の体の中心にあり

上は上半身

下は下半身は股関節につながり主に土台として働いています

 

骨盤は

腸や内臓子宮を包み込むような形をしていてそれらの臓器を守る役割もあります

 

そのため骨盤というのは強靭な靭帯や筋肉で補強されとても頑丈な作りになっているのですが

少し体の不調や障害がある だけでは あなたが思っているようなずれるだとか歪んだたとかっていうことはありません

 

では骨盤が歪むというのはどんな状態なのか

最近ではダイエットを目的として骨盤の歪みを気にする方が多く見えます

そして 骨盤が歪む=恥骨結合や仙腸関節がずれている と思っている方が多く見えます

骨盤のその形そのものが変形してしまっていると思ってる方が多くいるそうです

 

・上向きで寝てみた時に足の長さが違ったり

・足の開き具合が違ったりだとかをしたり

・立っている時に骨盤の高さが違ったり

このようなことがあると、 骨盤のズレを元に戻したり 元通りはめ直してほしいという方が多く見えます

骨盤が歪む 歪む原因は何でしょうか

・1つ目は姿勢が悪いことが多いです 。日常生活動作が悪い

・2つ目は筋力が弱くなっている低下していることが多い

 

1つ目の姿勢が悪い日常生活の体の使い方が悪いについて説明していきます

体の中心にある骨盤は姿勢が悪いことで上半身か半身のバランスを保とうとしています

足を開いて立ち片足のどちらかに重心をかけたような姿勢をしている人をよく見かけますが 、このようなときは骨盤が傾いてしまっていますよね

猫背や反り腰という人も 骨盤が反りすぎてたり、骨盤が丸まりすぎたりしてますよね

 

その他にも、

・お姉さん座り

・椅子で足を組み続けている同じ足を組み続けている人

・腰を丸めて座り続けている人

・片足重心になり続けている人

・同じような姿勢で寝転んでテレビを見続けている人

このような悪い姿勢だとかが続くことにより体のバランスを失い骨盤を含め身体全体が崩れてきます

このような習慣をなくしていくことも大事になります

 

筋力が弱くなるから骨盤が歪む

骨盤周りの筋肉が弱くなってくると骨盤の位置が安定しにくくなったり骨盤が歪む原因となります

そして骨盤を締める力だとか股関節を 動かす力も弱くなっていきます

 

妊娠中から産後は骨盤が歪みやすいと言われますが なぜでしょうか わかりましたか?

 

産後以前に、妊娠中の多くのママがお腹の赤ちゃんが大きくなってくるにつれて反り腰になります

そうすると骨盤が前傾した悪い姿勢になります

 

反り腰の状態だと、腰に大きな負担がかかるので腰痛になる妊婦さんが多いです

 

また妊娠中の注意点として

・お姉さん座り

・ソファーにどっしりもたれかかって座る方

も多いようです

お姉さん座りは、関節のねじれや骨盤の片側に体重がかかるような動作のお姉さん座りは悪い姿勢の代表です

このように妊娠中から姿勢というものもしっかり知っておかないと骨盤や股関節・背骨の関節の動きも悪くなったり、筋肉の衰えになってしまったりする習慣が身に付き骨盤が歪んでしまっていくわけです

 

産後育児をしていると

・猫背になる方

・おむつ替えの時でも体を丸めてる時間が長い

・育児をするときに片側のてばかりで育児をしている

このような方も多く見えます

 

どうしても妊娠中にはリラキシンというホルモンが分泌されて出産をスムーズにするために骨盤の靭帯や関節を緩める働きをします

その影響は長い人で産後6ヶ月ぐらいまで働くと言われています

 

妊娠中から長い人は産後6ヶ月は悪い姿勢の影響を受けやすく骨盤が歪みやすい時期になります

 

この時期に、しっかりとした知識や施術を受けておくことにより体が安定にします

 

ここでよく質問されることが 自然に骨盤は閉じるのか?閉じないのか?

ほとんど、動くことがないと言われている骨盤も出産の時は大きく動くのが真実です

これは妊娠中出産時に分泌されるリラキシンというホルモンの働きで赤ちゃんの通り道を作るために 恥骨結合が緩み出産時に

骨盤が最も開いた状態になると言われております

 

正直なところは出産で開いた骨盤は自然に閉じます

 

動物の世界も昔のおばあちゃんなどその先のお母さんが誰が誰もそんな骨盤矯正なんていうものは受けてきていません

しかし、現代では 10代や20代前半で子供を産むことは少なくなってきています

当院でも20代の半ば~後半30代40代での出産の方が多くなってきています

そのため骨盤の 関節音の問題をすでに抱えている方や筋力低下柔軟性の低下可動域の低下日常生活の 乱れた体の使い方このようなものが多く持っており自然に閉じるということが難しくなっている方が多く見えます

そのため、仙腸関節の機能障害だとか恥骨結合離開という状態になることがあり

当院のようなところで施術を受けなければいけない方が多くなっております

 

もし、お近くに専門のお医者さんや適切な治療ができる方があればそのようなところに相談してみてください

 

今日は読んでいただきましてありがとうございますまた骨盤だとか産後の体型だとかについても書いていきますのでよろしくお願いします

お友達登録おねがいします

 

 

 

産後骨盤矯正の効果がある回数プログラム

2018.11.21 | Category: 産後のケア(産後骨盤矯正)

産後骨盤矯正をうけることを悩むあなたへ

当院で受けられる産後プログラム

1.骨盤矯正

2.姿勢矯正

3.O脚矯正

4.尿もれ改善

5.育児の身体、使い方指導

6.体重減少

7.ぽっこりお腹改善

8.疲労回復

9.痛みのケア

10.歩行指導

11.ヒップアップ

12.ストレス解消

13.筋力トレーニング

14.ストレッチ

15.体操

16.おおまえ式3か条

これらをしていきます。

 

 

初回のお試しで大まかな説明もします

お試しでも話しばかりだとか解説ばかりするわけではなくしっかりと検査も施術もしていきます

お試しの間にかなりの量の情報や施術をしますので それらを噛み砕くのに3回から5回 ある程度理解できるように10回ぐらい必要になります

問診→検査→施術(施術中に色々話しを聞きます)→色々アドバイス→次回予約

の流れになります。

よろしくお願いします

多くの方は、3回から5回でなんとなく理解できるとおもいます

7回くらいにはかなり理解できると思います

10回ころには私がいらない存在になるでしょう(#^.^#)

しかし、1~2か月後に忘れはじめるので

たまには、来てください。(^^)

さびいので😂

 

意思や意欲がある方ならすぐ理解でき、全部叶うでしょう(*^^*)

 

僕は全部施術して、できるようにするつもりで施術しますし、指導します。

 

あなたがやれそうなことややれることをしっかりアドバイスしていきます。

産後に知っておいてほしいことやこれから先に できていた方がいいことなど徹底的に治療していきます

 

1.骨盤矯正

2.姿勢矯正

3.O脚矯正

4.尿もれ改善

5.育児の際の身体の使い方指導

6.体重減少

7.ぽっこりお腹改善

8.疲労回復

9.痛みのケア

10.歩行指導

11.ヒップアップ

12.ストレス解消

13.筋力トレーニング

14.ストレッチ

15.体操

16.おおまえ式3か条

諦めないで頑張ってみてください

僕は応援しますから(*^^*)

読んでいただきありがとうございます

↓のライン@からご予約できます。

登録お願いします

 

 

 

 

 

 

産後のO脚を治す注意点と効果

2018.11.20 | Category: マタニティ整体,産後のケア(産後骨盤矯正)

産後のO脚について

ママさん達のO脚がすごく気になります

  1. 妊娠前からの過ごし方
  2. 産前の過ごし方
  3. 産後の立ち方
  4. 産後の歩き方
  5. 産後の何気ない動作

これらに気をつける必要があります

ほとんどの方はしってはいますよね?

しかし、

知らないことは

  • 姿勢のとり方
  • 歩き方
  • 生活の仕方
  • 体の使い方

ではないでしょうか?

あまり、ネットの情報や本、雑誌や噂話て理解しないようにしてください。

なぜかというと、どうしてもみなさんの先入観の解釈になってしまうことが多いです

よく、産後の方で多いのが

座っている時に足を組むのが良くないという説

足は組んでもいいんですよ

キレイな姿勢ならね。

産後のO脚の方は増えています

産後のO脚をしっかり治したり、せめて意識することにより得られるメリットととして

  1. 骨盤が締めやすくなる
  2. 骨盤矯正の、効果が増大する
  3. お尻が小さくなる
  4. O脚が治る
  5. 腰痛の解消
  6. 膝痛の解消 
  7. 尿もれが改善する
  8. 肩コリが治る
  9. 将来の変形性膝関節症の予防
  10. 歩き方がキレイになる
  11. 立ち方がキレイになる
  12. ストレートネックが治

などなど

カラダにいいことか多くなります

産後は、骨盤矯正だけではなく、O脚にも目を向けてみてはいかがでしょうか?

産後のおきゃく屋さん後しばらく経ってからのお客など早めに治しておくといいと思いますよ

何をやっても治らない運動やストレッチ体操治療していても治らないという方は一度来てみてください

今ではあまりビフォーアフターという画像は載せれなくなってしまったのですが 残念ですけど

一度でお客というのはそこそこ直しますしかし元に戻るのが一番の問題です

そのためしっかり成立をしてお客を治して行きその後しっかり日常生活の改善やあなたの考え方の改善身体の知識などをしっかり細かく説明をしていきます

するとほとんどの方がだいたい10回もない程度で改善させていきます

中には手遅れの方も見えますのでそのような形は大体何回かやってるうちにわかってきます

もう最初の時点で無理な人も分かります

なのであなたは治るか?というのを聞いて頂ければ治る人であれば頑張って続けていただければいいですし

無理そうな方はこちらの方が難しいかもしれませんよと提案します

そして、 ゴールはあなたが思っているゴールに到達できないかもしれませんのでその時は もっともっと近いゴールを設定していただけると助かります

今日は、産前産後のO脚について書いてみました

姿勢やO脚はご自身の意識の問題でだいぶ変えることができますよ

わからない方はいつでも施術しますね

読んでいただきありがとうございます

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

歩き方や姿勢を治す為には

2018.11.19 | Category: ストレートネック,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

健康には、適度な運動が必要なんですがその中でもウォーキング は、誰でも自分のペースで始められる運動ですよね

しかし正しい歩き方に対する知識が ほとんどの方に不足していると思われます。

 

あなたは歩き方は大丈夫?
買い物のカートやベビーカーを蹴ってませんか?
前かがみで歩いてませんか?
腕が前に交差してませんか?

 

変な歩き方をしていると怪我や 痛みの原因になる

正しい歩き方や必要な筋肉をつけること、うまく使うための体にすることも大事です

正しい歩き方をしっていても体がうまく動かない方は多くいます

 

多くの方は歩き方がうまくありません

この間、 名古屋に勉強に行ったのですが 大垣に比べて人が多いです

そのぶん人間観察をすることが増えるのですが 、みんな歩き方を意識はしてませんよね

意識してなおせるかならまだいいと思いますが 、そんな歩き方をしてると

肩こりや腰痛、背中の痛み膝の痛みなど 問題が出てきますよね

女性においては足のむくみがや足が太くなってしまったりしますよね

最近、よく皆様にいわれるのが大股で歩いた方がいいということを聞かれます

大きな間違いです

 

私は、踵接地という人もどうかと思っています

大股で歩くいわゆる歩幅を広くするということは、足が地面に接地している時に膝を伸ばすことがしづらいのです

そのため膝が曲がってしまうという欠点があります

 

じゃあどうやって歩くの ていう悩みがあると思いますがなかなか文章で説明するというのは難しいですね

子供の頃から歩くということを続けていれば歩くということに障害がない人生を送れるのですが、 やはり今の時代は 車や自転車、公共交通機関などが優れており歩くということをすることが少なくなってしまいます

そして歩くということを知っていても『食事』や『睡眠』や『運動』というものがうまく機能しておらず疲れ切っている方も多いですね

本来、歩く事っていうのはエネルギーをそれほど消費せずに行うことができることがあるそうです

あなたは1日どれぐらい歩きますか?

1週間でどれぐらい歩きますか?

日常生活で歩く機会が少なくなってはいませんか?

現代人というのは歩くために使う筋肉が弱くなってしまい歩行能力が 衰えしっかりあることができない人が増えています

そして、歩くとすぐに疲れてしまうのです

その結果楽な歩き方を追求してしまうことが多いですね

歩かないことにより

筋力低下が起き→歩く力が衰える→疲れやすくなる→歩かなくなっていく

悪循環が起きていることが多いです

人間の必要な事としては『 食事』や『睡眠』や 『歩行』が大事になります

 

意外に運動が体にいいと思っていますよね・・・

運動=健康ではない

正しい体の使い方をしていくことが、健康になるということを皆さんがしっていただける時代になることを僕は期待しています

正しい体の使い方をすることにより歩くということがうまくできるようになります

そして、立つ・歩く・座る、といった日常生活動作をうまく使い

階段を上ったり、しゃがんだり、座ったり、立ったり、日常生活の中で体が強くなっていけることを僕は求めています

当院では立つ・姿勢・座る・というのを一から患者様達に説明してます

意外に、足の指一つ、足一つ、股関節一つ、お尻の筋肉ひとつ、背中の筋肉ひとつ、肩甲骨、胸の筋肉、お腹の筋肉など意外と皆さん使えていません

なのに、インソールやサポーターなどの道具で姿勢をごまかそうとしています

これはとっても危険なことです

これらのことが普通にできるようになっていただけると良いと思います

最近ではよくロコモという言葉もよく聞きますよね?

だけど言葉や単語ばっかりが先行している時代になっているような気がします

 

歩くという動作をする時っていうのは まずかかとを接地するという発想よりも、

地面を後ろに蹴り出すようなイメージで前に進むことが大事になります

そのため後ろ足の親指などで地面を押して、 体を前に出しますの時に重心も大事になります

反対側のから足で体を支える ということもできる必要があります

このように重心がしっかり足が地面を押して進めれれば膝というのは伸びて正しい方向に近くなります

このように歩くということだけでも様々な知識が必要になり、その上でその体を可能にできる

体の使い方また体の動き方を勉強していく必要があります

そこにどのように刺激を入れたりすることを理解していないと歩行というものを学べません

しかし、ここから始めると大体の人は失敗するので

当院では、まず体の機能を上げていき座位から始め立位、歩行と能力を上げていけるようにプログラムを組んでおります

もしご自身が姿勢や歩き方などが綺麗に歩けたり、疲れにくい歩き方ができたり、座り方ができたりしたいのであればどうぞ当院に来院ください

今日も読んで頂きましてありがとうございます

大垣市の病院、整形外科で手術やリハビリでよくならなかったあなたへ

2018.11.18 | Category: ストレートネック,マタニティ整体,交通事故・むち打ち施術,四十肩・五十肩,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

大垣市周辺で病院や 整形外科での手術やリハビリで良くならなかったあなたへ

こんなことでお悩みのあなたへ

・首や頭が良くなったり悪くなったりを繰り返すあなたへ

・肩が痛くて挙げれなく悩むあなたへ

・産後の腰痛や坐骨神経痛で悩むあなたへ

 

あなたが 、もし病院や整形外科で なかなか改善しないとお悩みなら 一度 施術を経験してみませんか

当院ではこんなことをします

1.まずお電話やライン@にて予約をしていただきます

2.次に来院され 問診票を書いていただきます

3.そしてもう問診や検査を行います

※この際にお悩みなどを詳しく教えてください

4.次に施術に入ります

5.施術をしながら体や病名の説明や 解説をしながら施術をしていきます

6.もしあなたがいろんな質問や疑問などあれば、細かく教えてください

※基本的には、当院ではコミュニケーションを大事に施術をし、あなたが分からないことや疑問に思っていることを改善していくことをしています

※様々な会話からあなたの悩みや不安を取り除いていくことをに力を入れています

あなたがここが悪いと感じているする場所や あなたが思っているところ以外のところも施術していきます

施術が終わり 体のことを少し説明させていただき、これから先のどういう風に施術をしていくか施術計画をお話をさせていただきます

もし頑張ってみようと思っていただければ、 来院 していただければありがたいなと思っております

あなたの未来

私はあなたの体をの症状を軽減させ

自分自身で体の管理ができる人になるということを目指しています

そして姿勢が良くなり体の動き方も良くなり当院のような整体に来なくてもいい人を一人でも多くなっていただけることを目指しております

 

アクセス

当院は岐阜県大垣市寺内町4丁目87-10

大垣東高校やドラッグユタカ芭蕉記念館などの近くにあります

完全予約制ですので安心してお越しください

当院の特徴

マンツーマンで施術

気軽な格好で来てください ジーパンやスカートなどの動きにくい服装はご遠慮ください

 

 

追伸

私は子供の頃から 整骨院や病院に通い続けてました

そして学生~23才頃には病院・整骨院・鍼灸院・整体・カイロプラクティックなど週に1度や2度は通い自分の体の悩みを解決してもらおうと通っていました

しかしながら、その場は体が楽になるのですがすぐに痛みが出て2~3日も続かない状態を経験しました

どうにかこういうリハビリを受けなくてもいい人間になりたいのにリハビリを常に受けなきゃいけない人間になっていたのです

常にこのような施術にお金をかけて行っていた時に

自分の体は頑張って働けば働くほどお金を使う体になっていました

そのような自分にとても悲しく思い自分の体はどうなっているんだと思い、この業界にはいりいました

今では、自分自身が月に1回ぐらいの体のケアで十分な人間になれるようになりました

今では、月に1回は友達や知り合いの所に体のケアには行くのですが、決して体が痛くて通ってはいませんもう体のコントロールをするためだけです

そのためどこの店であろうが関係ないカラダになりました

あなたはこのように自分自身で体をコントロールできるようになったり 日常生活が楽になれるような人になりたくはありませんか?

もしよろしければ 一緒に頑張りましょう

今回は特別にこんな キャンペーンをしております

 

 

今日も読んで頂きましてありがとうございます ご予約や質問などはこちらの LINE アットにて受けておりますのでお気軽にご連絡ください

肩が突然上がらなくなってしまったあなたへ

2018.11.17 | Category: 四十肩・五十肩

肩が突然上がるなくなった,上がるけれども痛い(>_<)

 

このような相談をよく受けます

突然上がらなくなったなんて怖いことですよね

お客様と話していくうちに、

実は、以前からちょっとずつ痛みが出ていた

・違和感はあった

・なんだか肩ではないけど他にトラブルがあった

・などという言葉をよく聞きます

意外にこのような方は多いのではないでしょうか?

 

僕は声を大にして言いたいのですが

・『寝違え』

・『ぎっくり腰』

・『四十肩、五十肩と言われる肩関節周囲炎』

人間はならなくてもいい疾患のひとつ

だと思っています

 

あなたが再発を何度も繰り返してる

何度も何度も痛みが繰り返しているのであれば、

あなたは早く今の考え方や治療方法などを見直す必要があると思います

そうすれば、あなたが二度ととまでは言えませんが一年に何度も寝違えやぎっくり腰にならなくする人はならなくなれる可能性があります

(治療院は儲かりませんが‥)

ということで肩関節周囲炎いわゆる四十肩、五十肩が急になったという話なんですが、 ゆうなれば X デーが来ただけではないでしょうか?

 

僕からするとお身体が、緩やかに下り坂になっていき X ディが、たまたま起きただけだと思っています

このようなことを言うと、お客様からはそんなことはない前から感じなかったなどの意見を言われることはありますか 、引き金になったと 思っていただければ理解していただけると思います

よほどの交通事故やいわゆる怪我と言われる、

捻った伸ばしたなどの外傷はそのようなことが多いのですが四十肩、五十肩、寝違え、ぎっくり腰などは突発性なものでないことが多いです

脱線しました。

そんなことはいいとして

 

あなたの体が良くなるためには

腕が急にあげれなくなったあなたへ今何すべきかということですが

・早く医療機関に入ってください

・無理に自分で治そうとしないでください

・痛い動作を何度も繰り返しやらないでください

・変に揉んだり引き伸ばしたりしないでください

・自分勝手に肩にいい運動だと思い込み振り子運動や挙上の運動などをしないでください

腕が急に上がらなくなったあなたへもしかしたら四十肩五十肩と言われる肩関節周囲炎ではないかもしれません

腱板断裂、石灰性沈着炎 など大きく代表されるものでもいくつか挙げられます

そしてもっと細かい色々なことを見ていくともっともっとあるのです

これらを四十肩五十肩だと思い込んで治療していても なかなか改善しないことがあります

安静にしていれば大丈夫だと思っていても安静にしていることで肩関節が固まってしまうことかということはよくあります

肩関節が固まってしまってから 来院される方というのは意外に多く見えます

あまりにもひどい症状でない限りは一度でそこそこ可動域は作れるのですが、

しかしその見た目の可動域だけが悪いわけではなく肩関節の構成物も悪くなっていたり、運動動作も悪くなっていたり、日常の習慣もおかしくなっていたり色々な所の改善をしていかなければいけないので腕が上がればいいと思わないでください

あなたがもし再発を繰り返したくない、痛みを早く取りたいそのようなことをお考えならば、

自分で判断せず しっかり医療機関や整骨院、整体院 などの このようなことに詳しい先生のもとで指示をもらいに、行かれるといいと思います

今日は読んでいただきましてありがとうございます

分からない点などがあれば LINE @でお答えしています

またライン@で予約もできますのでお気軽にご連絡ください

メジャーリーガーもストレッチをするんです あなたは・・・・?

2018.11.16 | Category: ストレートネック,姿勢矯正・猫背矯正

日米野球の最終戦を見てきました

すごく楽しみでドキドキしてでも仕事を休んでまで行くべきなのかなーと悩んでいましたが行ってみて絶対行くべきだったと言ってよかったと今思っています

侍ジャパン vs MLB オールスターです

 

子供の頃より野球をやってることもあり そしてメジャーリーガーが好きです

また日本代表となるとまた好きです

こんな試合が名古屋に来るということで 行ってきました

ほとんど東京開催や大阪のことが多いのでとても嬉しかったです

 

はい!メジャーリーガーもストレッチをする

 

当たり前は当たり前ですよね

スポーツ選手ですから

 

しかし、こんなプロでも自分の体を動きやすくしたり怪我を防止したり自分のリスクを管理するためにストレッチや体操や自己コントロールを念入りにしていきます

あなたはいかがですか?

1日1回の体操やストレッチやちょこちょこっとやることしかやらない

一週間に一回なんてもってのほかですよね

あなたが今、健康で何不自由ない生活を送っているのならばそのような考え方でも今はいいかもしれません

しかしこれから先何かしら不自由が出てきた時に苦労すると思いますよ

次に体に痛みや不調など不自由がある方 はもっとストレッチの方法や体操の方法など理解するといいですよ

ということで ストレッチや体操ということの 大事さ を理解してください

帰りの電車で気づいたこと

余談かもしれませんが帰りの電車の中で 帰宅するサラリーマンや学生の方を見ていて思ったのですが 、8割~9割方の方がスマホを見ている

その時、肩こりや背中の張りや腰痛や眼精疲労などにならないのかなと思いました

お仕事や学校の勉強など疲れたと思うのにスマホをみて目や脳やカラダに負担をかけてえらそうだなあ・・・と感じる反面まだまだ症状がないからやってられるのかもしれませんね

唯一のプライベートタイムですので 、彼氏や彼女への連絡や 、息抜きにも使われると思うので 悪くはないと思いますが 、あまり長くはやらない方がいいと思いますよ

そして知らず知らずのうちに名古屋から大垣間の30分ぐらいの間ずっと皆さん見ています

やっぱり疲れますよね

このようなことも徐々に変えていき途中途中で少し体を動かしてみるだとかそのようなことも必要だと思いますよ

本日もブログを見ていただきましてありがとうございました

何か分からないことや困ったことなどまたご予約もラインアットでお待ちしておりますので ご連絡ください

交通事故における痛みの 増減や期間について

2018.11.15 | Category: 交通事故・むち打ち施術

交通事故に遭われた後に痛みや違和感しびれ だるさ頭痛吐き気などを感じることが見えると思います

そこで今日は痛みの軽減時期や継続時期について話したいと思います

 

交通事故に遭われた方が こんなことを考える方が多い

1.早く治って(神様仏様ご先祖様~(>_<))

2. 何か良い治療方法で通って治らないかな

3. ぐりぐり揉めばいいんじゃないか

4. とりあえず温めとけばいいんじゃ

5. 気の持ちようだ

6. 安静に寝てれば治る

7. 仕事行かなければ治る

と考える方が多いそうです

 

ここで 交通事故に遭われた方へ 大事なこととして

1.交通事故は いわゆる外傷、怪我なので そんなに早くは治らない

2.痛くなると揉みたがる人がいますが悪影響

3.いつも通りの生活をしたいと思う方が多いですが、そのような生活は痛みが増強しやすい

4.交通事故における書類や警察の立会いなど、これらのことによって症状が悪化してしまう方がいる

5.事故にあった後、急に健康への意識が芽生え自己流や友人・知人・ネットやテレビ・雑誌などの情報に左右される

6.専門性のある治療方法を考えるあまり、自分を見失うことがある

このように交通事故にあうと 通常では考えられないな行動や思考になります

分からないことや不安なことなどあると思いますが 交通事故の外傷はそうそう簡単に解決されるものではありません

交通事故に遭われたらこんな思考にしてみたら??

・もし、あなたが足首を捻挫してしまい靭帯損傷をしていたら?と考えてみてください。

と考えてみてはいかがですか?

人生を生きてるうちで怪我をしたことがある方なら分かるのですが、怪我というのはそうそう簡単に治るものではありません。

こんな人は交通事故にあっても大丈夫なことが多い

・普段から体をよく動かしている方は、多少の外力によっても痛めることがない

・ラクビーやアメフトや柔道 やレスリング・ボクシングなどぶつかり合うコンタクトスポーツをされてる方は交通事故に遭われても軽傷で済むことや体を痛めることは少ないかもしれません

・子供

子供は外力によって衝撃を受けますが、 やはり体や筋肉、関節などが柔らかいのか大きな痛みにつながることは少ないです

こんな方は 後遺症に悩まされやすい

・普段からあまり体を動かすことがない

・元々、肩こりや腰痛など 何かトラブルを抱えている

・事故の被害が大きい場合

・あまり怪我をしたり痛めたりしたことがなく、 経験がないため体がびっくりする

・痛みだとか違和感に弱くとても神経質になってしまう人

 

考え方の転換

もし普通のスポーツの怪我だとかだった場合

例えば足首の捻挫だとしても、ギブスを巻いて固定期間があります

その後に、リハビリをします

ギブスを装着時での無荷重期間

荷重

ギブスを半分に切った状態での 荷重

ギプスの半分にした状態での

松葉杖での荷重 1/3荷重だとか1/2荷重だとか全部の体重をかける全荷重

歩行時の全体重をかけるような動作

しゃがみ込み動作

軽いランニング

走る

ジャンプ

など荷重をどんどん加えながら、リハビリというのはしていきます

 

あまりケガをされたことがない方は

・いつ復帰できますか?と言ったり

・完治はいつですか?

・痛みが完全になくなるのはいつですか?

など、もう いわゆる交通事故があったことや怪我をしたことを帳消しにして

体が回復することを願う方が多く見えます

私もスポーツをしていましたのでそのような考え方になったことはありますが、

怪我をしてしまったことや交通事故に遭われた方とは変わりのない事実になってしまっていますので、

しっかり回復したり改善したりする時期は気長に頑張りましょう

 

急がば回れ

という言葉がありますか、 このような交通事故や怪我の後というのは、

急いでも逆に痛みが、長続きしてしまうことがあります

交通事故というのは、いわゆる一般的な交通事故では3ヶ月から4ヶ月しか通院はできません

そのため3ヶ月から4ヶ月の間に確実に改善していき、日常生活や社会生活を生き抜くための体を作り上げなければいけません

その後に後遺症だとか事故の話をしても誰も面倒は見てくれないのです

そのため1か月以内の通院がすごく大事になります

その時に治らないと言って急いで焦って慌てふためいても改善はしません

あなたが、もし体のことや交通事故に何度も遭うことがあれば、もしくは、自分の体よく知っているのならば大丈夫なのですが

あまり知らないで、 頭がこんがらがってるぐらいであれば 、しっかり体のことを見つめて医療機関に通い又、適切なアドバイスをしてくれる所に行くことをお勧めしています

 

しっかり通院していただくことやしっかり考え方を変えていただくことによって

 

1ヶ月目には大きい痛みが多かったのに対して

2ヶ月目というのは、大きい痛みが少なくなります

2ヶ月目は大きい痛みはたまに訪れるでしょう

3ヶ月目になると大きい痛みが少なくなり小さい痛みは中位の痛みで、だいぶ落ち着いてくるのではないでしょうか

 

しかし、この時にいつも通りの生活に戻してしまう方が多いです

そうすると3ヶ月目にも大きい痛みになり

・なかなか治っていない

・改善していない

という患者様が多く見えます

 

その時はしっかりまた体のことを見直していき改善したしていければ、3ヶ月目のは症状が一気に 改善されるでしょう

それで交通事故の治療は終了してもいいですし

4ヶ月目になる方も当然見えます。

4ヶ月目になっていく場合は、極力小さい痛みを多くしていき症状を減らして早く日常生活や社会生活での完全なる復帰します

このように交通事故の治療期間というのは1ヶ月から4ヶ月となります

 

そして症状や交通事故の度合いにもよります

交通事故の大小関わらずその人の元々持っている体の状態にも症状ってのは変わってきます

そのため、その人その人によって施術や方法、方向性などが変わっていきます

そのため、しっかりと体を判断し、今何をすべきか?どんなことを気をつけるべきか?

などを考えて行なっていけば改善することが多くなります

 

症状が軽い人の場合

症状の軽い人の場合は、事故後の一週間以内で症状や違和感などはもうなくなってしまう方も多いです

そしてもう何も感じないので卒業するという方も多くあります

また、症状が軽い人の場合でも一か月以内に大きい痛みもすぐ中位の痛みになり、症状も減っていき2ヶ月前にはもう改善してしまう方も見えます

 

症状がある方や強い方

1か月目には大きい痛みが徐々に取れて行ったり

2ヶ月目には大きい為はありますが小さい傷みが多くなっていくことが増えていき

3ヶ月目4ヶ月目として改善していくことが多くあります

しかしながら全体的な患者様たちを見ていて思うのですが、やはり施術しているだけで改善される方は少なく、

しっかり体のことや日常生活のこと認知療法や行動療法と言われる認知行動療法も追加して

患者様をしっかり改善させていくことが望ましいのではないかと考えております

 

こんな方は今のままでは危険! 検討が必要

・一生懸命、湿布や痛み止めを貼ってくだけでは改善しないという方

・一生懸命通院しているけど、マッサージも受けてる、電気を受けてるけど改善しないそんな方

交通事故の患者様が多く来てる院だからよくなる。大きい病院だから、とかそういったものではなく、

ちゃんとその人の体を見てその状態を把握し段階を経てステップを上げていくき安心して社会復帰に到達していただけることを願っております

将来交通事故によって自分の首や腰や背中や肩などが痛みがあの時に

あの時の交通事故のせいで痛くなったの!

と言わない人になるためにしっかりと改善していてください

今日は読んでいただきましてありがとうございます

分からない点ともありますがライン@などで相談を受けておりますのでお気軽にご相談下さい

 

 

坐骨神経痛とは改善の仕方6つと認知行動療法

2018.11.14 | Category: マタニティ整体,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

坐骨神経痛を改善できる6つ

(もう平成が終わろうとしているのにいつまで昭和の治療方法の考え方してますか?)

 

1.まず体のことを知る。

(しらない方が多すぎるネット情報や豆知識ばかり)

2.マッサージや矯正や鍼だけではなく坐骨神経痛の為のアプローチをする

(施術を受ければ改善する昭和の発想は捨ててください)

3.正しい姿勢を理解する

(姿勢がよければいいとかもう捨ててください)

4.冷えを防ぐ知恵のことを理解する

(冷え冷えって温めればいいという発想はおばあちゃん達がすでにやっていて失敗しています)

5.太り過ぎには注意をする

(そんな因果関係はあまりないが、気持ちが大事)

6.ストレッチや体操を行うと良いのですがストレッチや体操の仕方や意味を理解した方がいい(ストレッチや体操だけで改善するのは症状が軽いものだけです)

 

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは腰から足にかけて伸びている坐骨神経が様々な原因によって圧迫刺激されることで痛みや痺れなどの症状を 出していることをいいます

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、お尻や太ももの後ろのふくらはぎ、つま先などの痛みや痺れが現れるだけでなく 痛みによる歩行障害も伴うこともあります

当院でも、多くの 方が坐骨神経痛の症状で悩まされていますが、

よく勘違いされがちなのが

・マッサージをしていたら治るんじゃないか?

・ストレッチをしていたら治るのか?

とか言われますがそのようなことだけでは治らないことが多いので しっかり体のことも理解してください。そうすると改善されていきます

 

原因

若い年齢の場合は、腰椎椎間板ヘルニアの方 と診断されることが多いのですが、坐骨神経痛の割合も意外に多いです

高齢になると ほとんどが腰部脊柱管狭窄症を原因として発症し腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり など おこる異常によって坐骨神経痛が圧迫された際に痛みやしびれを引き起こしています

このように堅苦しく原因を述べていても難しいと思いますので、 このような症状が もっと違うことで改善できることがあることを知ってほしいです

しかしながら残念ですが、改善できない かたもいます

比較的少数ですので一度しっかり体のことを理解し施術にあたられるといいと思いますよ

 

症状

坐骨神経痛はお尻や太もも、ふくらはぎ足にかけて鋭い痛みやしびれふくらはぎの張り 冷えや灼熱感締め付け感などの症状を訴えられます

このような症状は、足の一部だけで強く 感じることもあれば足全体に強く感じる場合もあります

症状は人それぞれですので、 多くの方が感じる症状を 書いているのですが

人それぞれ感じ方が違います。なので あまり深く考えず、ひとつひとつクリアしていけるようにしていけるといいと思いますよ

 

治療方法

坐骨神経痛は 、原因疾患にかかわらず症状を和らげることを目標にしています

病院や整形外科で治療を行い 十分に痛みが軽減しない場合は 理学療法や認知行動療法などを試してみるといいですよ

薬物療法

僕は整骨院、整体院なので薬物療法については書くのはやめときますが あまりにも痛みがある場合は痛み止め などをうまく利用して症状を緩和させることもお勧めします

よほど薬に アレルギー反応がないのであれば そのようなことも考えてみるのもいいと思いますよ

理学療法

運動療法やマッサージなど を行うことにより代謝機能や身体機能などの改善を目的に行う施術方法です いわゆる整体院、整骨院などで得意とするところです

しかし、これだけでは改善しない方の方が多いので もしマッサージに一生懸命通ってるだとか整体でうまく 良くならないとか ストレッチや体操お家ヨガなどをやっているんだけど、一度相談してください

 

認知行動療法

認知行動療法は 当院で最も得意とする 方法です

痛みについて誤った認識を修正する認知療法

痛みと行動の関係を知り日用生活できることを増やしていく行動療法を組み合わせた治療方法です

物理療法や 認知行動療法を組み合わせていき他にも様々なことについて修正していくと 症状は意外と楽になりますので 一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

坐骨神経痛は生活習慣を見直すことで予防や改善につながることが多いんです

日々の生活で 無理せず行えることを相談してできるといいと思いますよ

坐骨神経痛を改善できる6つ

(もう平成が終わろうとしているのにいつまで昭和の治療方法の考え方してますか?)

1.まず体のことを知る。

(しらない方が多すぎるネット情報や豆知識ばかり)

2.マッサージや矯正や鍼だけではなく坐骨神経痛の為のアプローチをする

(施術を受ければ改善する昭和の発想は捨ててください)

3.正しい姿勢を理解する

(姿勢がよければいいとかもう捨ててください)

4.冷えを防ぐ知恵のことを理解する

(冷え冷えって温めればいいという発想はおばあちゃん達がすでにやっていて失敗しています)

5.太り過ぎには注意をする

(そんな因果関係はあまりないが、気持ちが大事)

6.ストレッチや体操を行うと良いのですがストレッチや体操の仕方や意味を理解した方がいい(ストレッチや体操だけで改善するのは症状が軽いものだけです)

 

 

を気をつけることをする

本日もブログを読んでいただきましてありがとうございます