TEL LINE

四十肩、五十肩、肩関節周囲炎 | 大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

お問い合わせはこちら
大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

四十肩、五十肩(肩関節周囲炎)の施術

四十肩・五十肩の症状の特徴や症状は、

などが言われるお客様がみえます。

経験した人にしか分からない四十肩や五十肩(肩関節周囲炎)痛みやつらさが特徴です。

40代~50代の人に多く発症することからこのような名前がついていますが最近では、30代の方や60代の方もこのような症状で悩まれて来院されています。

肩関節周囲炎は、凍結型ともいわれ肩関節周辺が固まるような症状も特徴です。

これらは呼び名が違うだけでどちらもほとんど同じ疾患です。

四十肩や五十肩の原因や治し方についてご紹介します。

四十肩・五十肩と肩こりの違い

お客様には、「四十肩・五十肩は、ひどい肩こりなのでは?」と思っている人が多くみえます

実は、全然違います。しかし、肩こりを起こすような生活習慣をしていると四十肩や五十肩になる方もみかけます

四十肩や五十肩は、肩関節周辺の炎症や機能低下の方に多く見られます。そして、生活習慣の改善や身体の使い方を改善していかないと再発する恐れがあります。一度なったからもうならないという疾患ではありません。

肩こりは、主に筋肉疲労や筋肉が固まってしまうことや骨格歪みで起こる症状で、疲れや悪い姿勢、身体の緊張や血行不良などが主な原因です。

肩こりは、デスクワークや日常生活などで同じ姿勢を多くしている人に多いです

そして、姿勢の悪い人は特になりやすく、ひどくなると頭痛やシビレなどを起こす方もみえます

肩こりは、小学生や中学生の子供たちも最近では多くみかけるようになりました。

四十肩や五十肩は中高年以降の40~50代(30代後半の方も)の人に多く見られます。

四十肩や五十肩は「肩が痛くて上がらない」というイメージが強いと思いますが、腕の上げ下げ時だけでなく、普段の生活にも支障が出る場合があります。四十肩や五十肩のつらい症状を下記でまとめてみました。

四十肩、五十肩になるとどうなる?どうしたらいいの??

・夜中に肩がズキズキ痛むことがある

症状によっては就寝時に痛みがでることがあります。痛い肩を下にすると痛くて寝れないと言われます(まれに痛い方が下の方がいいと言われる方もみえますが・・・)

脈を打つようなズキズキとした痛みが特徴です。

じっとしているときに痛みを感じやすくなる傾向を多く訴えられます

※どうしたらいいの??

そんな方は、当院やもしくは医療機関にて早くリハビリをしてください(当院では、ほとんどの方が、医療機関にいってよくならなかった方々です。当院では、病院でのリハビリをしてきたのもありますが、施術の分野でも勉強してきています。

リハビリ+施術+体をしっかり理解する とよくなりますよ

また、寒い時期でしたら、暖かい服装で寝てください

 

・痛みで起きてしまうことがある

眠りについても、夜中に痛みで起きてしまうことがあります。

痛み+慢性的な睡眠不足+ストレス+症状がなかなか改善しない

ことで憂鬱になる方や人を信じられなくなっている方もみえます

なぜ、痛くなるのか?なぜ痛くなってしまったのか?をしっかり理解することをお勧めします

お客さんは多くの方はこういいます。

四十肩・五十肩だから痛いんです・・・・と。よくなる為にしっかり理解していきましょう

・関節の動きが悪くなる

四十肩や五十肩になると、腕をあげる際の痛みや、横方向に上げる際に痛みを訴えます。服を着る際に痛いと言われるのも代表的です

女性では、下着のホックがかけられない。髪を束ねる際に痛い。

タオルで髪を拭く、背中をかく、挙手をする、電車やバスのつり革を持つなどの日常の生活動作にも支障をきたします。

関節の動きや、筋肉の動きは常に悪くなっていると考えてください

病院行ってるから、施術院行ってるから・・・そんなんでは治りません。しっかりカラダを理解してしっかりとカラダに目を向けて治していきましょうね

四十肩、五十肩の治し方

安静にしていても治る人もみえますが・・・・・

放置したり、正しいリハビリや施術をしないと、関節が動かなくなって固まってしまう方も多くみえます。固まってから来院されてももうなにもできませんのでお気を付け下さい。

もし、病院や施術院にて薬や湿布などで済ませてるようでしたら、早めの受診をオススメしています

 

・体操

肩関節は固まりやすい関節です。

動かして治すことをオススメしていますが、ほとんどの方は動かし方を間違えている方が多くみえます

回復期に入ると痛みを感じにくくなることがありますが、肩の運動制限が残るケースが多いです。可動域を広げる為の、施術や体操・運動・体操で症状を軽減させましょう。

1.まっすぐ立った状態で、上半身を90度くらい前へ傾けます

2.痛くない方の手を椅子や台の上に置きます。

3.腕を前後に肩の関節の振り子運動をします。
(3㌔程の軽めのダンベルを持つとより効果的です。)

4.30秒ほど行いましょう。

※肩関節周囲炎の方は上手くできない方が多いのでしっかり指導を受けてください

・温める

「捻挫や挫傷などの、炎症は冷やした方が良いのでは?」と思いがちですが、四十肩や五十肩は温めることが大切です。急性期の炎症の場合は冷やした方がよい時もあります。しっかりと医療機関で相談してください

基本的には温めると楽なことが多いです(起きている時は貼るカイロでも喜ばれる方も多いです)

お風呂でも楽になると言われ方が多いです

シャワーの場合は42℃より高い温度で肩を温めてください。

日常生活では温湿布やカイロもその時は楽になる方がみえますが治ることや施術にはなりませんのでご注意ください。

また、肩を冷えない服装をしてください。

女性の方は、下着を着けていますが意外に男性より薄着のことが多いですからご注意ください。

・病院や当院(おおまえ整骨院・整体院)に行く

肩関節周囲炎になったら、整形外科に行くことも大切です。
症状によっては、当院のようなところで施術や運動など細かく施術や情報をしっかりした方がよくなることがあります
当院では、完全予約制にて病院勤務経験がある院長がしっかりとリハビリと施術をしますのでお早めに来院ください

※もし悩んでいるなら関節が固まる前に一度来院ください

四十肩・五十肩に関するコラム

コラムはこちら