MENU
TEL LINE

Blog記事一覧 > 治療,治療相談 (目安箱) > 坐骨神経痛気を付けるべき6つのこと

坐骨神経痛気を付けるべき6つのこと

2018.05.24 | Category: 治療,治療相談 (目安箱)

坐骨神経痛の患者様が最近多いので坐骨神経痛について書いてみます

坐骨神経痛の気を付けるべき6つのこと

  1. 長時間座る生活をしない

  2. 長時間立つ生活をしない

  3. ストレッチや体操をこまめにする

  4. とにかく日常身体がよくなることを意識する

  5. 間違った身体の知識や先入観をすてる

  6. 治療にかかるお金を無駄だと思わない

これで、大丈夫です

きっとよくなります

今日、今から実践すればきっと大丈夫

若返ることは無理かもしれないけれどきっと今のあなたよりは楽になります

 

 

 

 

 

 

 

一番オススメは

自分で考えない!

です。

患者さんの多くは、

色々な病院や治療院にいき色々なことを言われたり、たいして言われなかったりとそんな感じで過ごしている方が多い

そして、それをネットや雑誌位で調べた知識で

『あ~でもない、こ~でもない』

と一生懸命研究して無駄な時間とお金を浪費している

そして、その時間も身体はどんどん悪化していき老化していることに気づいていない。。。

僕は、いつもこんな光景をみてもったいないなぁと思っている

信じないのは自由だし、絶対効果があるなんて保証はないけれども今のあなたの過ごし方よりは少なからず知識をもった方に相談した方がいいと思う

それは、病院でも整形外科でもいい

ただ、素人に毛が生えた程度の人のアドバイスだけはやめた方がいい

そのような人は、きっとあなたにすごく簡単で分かりやすい説明をするかもしれない

しかし、それがあまりにもわかりやすい場合きっと自分の頭の中と対した変わりのない説明だということに気付いてほしい

そうやって自分の身体のことを理解するようにしてほしい

中には専門用語やカタカナばかりを、いってくるインテリもいると思う。そのような人はまだ、あなたのような身体のことが理解していない人には早いと思う

そうやってカラダのこと、自分のことを一度見直すと世界が変わるはずです

僕の院ではこんな方がみえる

ずっと身体の理解を求めて治療をしている

なかには、

  • そんなことまでいいわ

  • 揉んでくれればいいんだから

  • 矯正だけしてよ

などという患者さんがくる

僕は、このような患者さんにはすごく冷たい態度で接してしまう

なぜかとういと、

僕は患者さんの頭の味方ではない

患者さんの痛みや不調を訴えているカラダの味方なんです

だから、患者さんがいいのこれで、というのがあまりひどい人は許せない・・・

だから当院では真剣に治療や改善を求める方にのみ真剣に接しています

坐骨神経痛の気を付けるべきこと

  1. 長時間座る生活をしない

  2. 長時間立つ生活をしない

  3. ストレッチや体操をこまめにする

  4. とにかく日常身体がよくなることを意識する

  5. 間違った身体の知識や先入観をすてる

  6. 治療にかかるお金を無駄だと思わない

まずは、意識してみてください

読んでいただきありがとうございます

友だち追加

お友達登録お願いします(スタンプでも送ってください)