MENU
TEL LINE

Blog記事一覧 > 治療 > 14・15日2日間は内臓機能の痛みと実技について勉強してきました

14・15日2日間は内臓機能の痛みと実技について勉強してきました

2013.07.16 | Category: 治療

もともと当院の特別治療にはいろいろな治療効果があるとみなさんからお聞きします

以前は、

・心臓の痛みで、薬をのんでも楽にならないのが軽くなった

・歯の浮いた感じが楽になった

・めまいが落ちついた

・顎が痛く外れそうなものが楽になった

・生理痛が楽になりました

・頭痛が楽になった

など本来だと整骨院・接骨院レベルではないものもご相談を受け施術すると効果が確認されました

整骨院分野ではない所での痛みが和らぐことにより受けが良かったことが原因で今回の勉強では、内臓機能へのアプローチを勉強してきました

 

当院では、その場で楽になったとも言われますが、自分的には悪くなった組織への神経の回復や自律神経の回復をメインに施術していますので無理なく・副作用もなく施術できるかと思います。

神経の回復や自律神経が回復すると意外と組織も回復します。

もし病院や薬などでうまくいかないときは一度ご相談ください(できるものは相談に乗ります)

 

もちろん、交通事故によるむち打ち治療や身体の痛み・スポーツのケガにも効果がありますので一度ご相談ください

当院では、コリや歪みの前に神経の回復をオススメしています

例:筋肉ムキムキの方が通常握力が60㌔で急に握力15㌔何を疑いますか??

  病院でもわからず神経を回復後、60㌔へ

  このような時はみなさんすぐ筋肉や関節とは言わず神経とすぐいうはずです(*^_^*)

例:おしりのほっぺが痛い時にいう言葉 坐骨神経痛 ですね・・・。筋肉だ!

  という方も多いですが、なかなかあのこりこり感はマッサージや電気治療では取れないですね

 

意外に神経という言葉は耳にしますね。

でもすぐ筋肉(こり?)・関節(ゆがみ?)・靭帯にこだわるのが不思議な今日一日です

 

 

読んでいただきありがとうございます