TEL LINE

五十肩急に肩が痛い腕が上がらない原因や対策 | 大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

お問い合わせはこちら
大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

Blog記事一覧 > 四十肩・五十肩 > 五十肩急に肩が痛い腕が上がらない原因や対策

五十肩急に肩が痛い腕が上がらない原因や対策

2018.11.09 | Category: 四十肩・五十肩

四十肩・五十肩?急に肩が痛い、腕が上がらない原因や対策

特に何かをしたわけではないのに、肩が突然痛くなってしまったり、腕が上がらなくなってしまったと 多くの方が言われます

肩が痛いから=四十肩五十肩と自分で診断をしてしまうのは避けてください

症状に多いのは、急に激痛が走り方があげれなくなったり腕を回せなくなったり します

四十代、五十代以上の人に起こることが多いこのような症状は一般に四十肩、五十肩と呼ばれている

四十肩や五十肩は加齢が原因のように感じることが多いです

・ちょっと肩を痛めたのかな

・運動をしているんだから四十肩五十肩になんてなるはずがない

・仕事をしてるんだから

・家事をしているんだから痛くなることなんてない

と思い込む方、お客様が多く、勝手に判断していくのは気をつけてください

 

四十肩や五十肩の主な症状は 、初期は強い痛みや肩を動かせる範囲可動域が制限されてしまうことです。

時間が経つにつれて 、大きな痛みは軽減してきますが、動かすことによって痛みが起きることが怖くどんどん動かさなくなる方が多いです。そうすると、動く範囲 または可動域が狭くなり機能障害になり動かすと痛むようになります

 

また違う病気が潜んでいることもあるので、五十肩だと判断させず整形外科や整骨院など 医療機関に来てください

適切な 治療や施術を 受けることによって 動く方を取り戻すことができます

四十肩、五十肩の原因は完全には解明されていないのですが 、

年齢による血行の不良や肩関節とその組織の 疲労や炎症と言われることがあります

年齢を重ねるうちに どの方でも起きることがあり体を鍛えているプロやアスリートでも悩まされていることがあります

次に

紹介するのは、セルフケアや五十肩や四十肩の慢性予防に役立てていただけると いいと思います

 

四十肩や五十肩の慢性化を防ぐ セルフケアのコツ

慢性化した肩の痛みは温めてケアをしましょう

慢性化した四十肩、五十肩は肩の痛みやだるさがあります

血のめぐりを良くするのが効果的と言われています

外出時は 肩甲骨 や 肩に使い捨てカイロを貼っておくのも 有効です

普段から冷やさない習慣を身につけておくことで筋肉の収縮など血行の改善、 肩の痛みやコリが起こりにくくなってきます

肩が痛くなった急性期は温めると良くないことがあります

また肩が痛い時や激痛がある時は炎症が起きてることがありますので 冷やして安静にすることも大事になります

しかし、自分で判断することが一番危険ですのでしっかり医療機関に行き判断をしてもらうことが優先されます

血行を良くするためにお風呂に入る

肩の激しい痛みが落ち着いて 慢性的になってきた場合は お風呂での入浴をお勧めします

全身を温め血行を良くすると効果的です

新陳代謝が上がり痛みの物質や疲労物質がなくなることで疲れや痛みが和らぐことがあります

入浴するときの際は暑すぎない38°から40°のお湯に 10分程度浸かるといいです

体を温めることが大事です

極力足は伸ばして首までお湯に浸かることがいいと言われています

どうしても肩が出てしまう方は 、タオルをお湯で濡らしかたにかけておくのも 有効的です

 

肩と背中の運動

肩関節の動きを良くしたり可動域を広げたりするのに効果的だと言われているのが 『振り子体操』というものがあります

ペットボトルやダンベルなど重さが500 g や1㎏程度のものを片手に持ち、股関節ぐらいの高さのテーブルに片方の手置きもう一方の手に物を持ちゆっくり動かしてください

 

この際に痛みがある人は無理に行わないでください

本当はこの運動をする前にしっかり治療や施術を行っていただき動きや可動域を出してからこの運動を覚えていただけると いいと思っています

 

次に片方の 手をもう一方の手で持ち腕を上げる運動をします

その際に痛みがある場合は無理して行わないでください

肩を温めてからやると効果的です

 

日常生活での肩に負担をかける姿勢が問題になる

肩が負担を感じる時というのは何気ない日常に多く住んでいます

例えばテレビや読書寝転がった姿勢 など日常で負担がかかる事が多いです

首や肩、背骨にはとても優しくない動作です

日常生活のいろいろなシーンで体を痛めることというのがあるので、

もしそのようなことがわからない場合は 、そのようなことがわかる 医療機関や医療スタッフに相談をし改善してもらえるようにしてはいかがですか

 

最後に絶対に ネットや雑誌やテレビなどで見た情報だけで知った気にだけはならないことを祈ります

今日は読んでいただきましてありがとうございました