TEL LINE

朝の起床時の痛みと 睡眠の関係 | 大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

お問い合わせはこちら
大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

Blog記事一覧 > ストレートネック,マタニティ整体,四十肩・五十肩,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正) > 朝の起床時の痛みと 睡眠の関係

朝の起床時の痛みと 睡眠の関係

2018.11.12 | Category: ストレートネック,マタニティ整体,四十肩・五十肩,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

体の痛みと共に目が覚めると朝から憂鬱になってしまうことがありますよね

たとえ少しずつ動かして 入れ歯痛みや症状が消えるとわかっていても,

朝はやっぱり気持ちよく起きたいものです

本日のブログは朝起きた時に起きる痛みと睡眠について 解説します

寝相が悪い、寝返りがないから首や腰が痛くなる?

起床時の首や腰の痛みの原因として よく言われるのが睡眠時の寝返りです

睡眠時の寝返りが少ない人が首や腰が痛くなってしまうということなのですが ,このような考え方には落とし穴があります

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があります

レム睡眠は体を休めて脳を整理する睡眠と言われています

ノンレム睡眠は脳を休める睡眠と考えられています

レム睡眠時は脳がその日入ってきた情報を整理してそれに合わせて眼球も激しく動いている状態だそうです

またノンレム睡眠の時は脳が休んでいます

寝返りを打つのはノンレム睡眠時と言われています

ノンレム睡眠時の方がより深い眠りをして脳が休んでいると言われています

深い眠りの時に寝返りを打つことになります

 

体の痛みと 寝返り について

痛みの原因は固くなった筋肉が原因ということが言われています

固い筋肉や関節がたくさんあると体が興奮している状態になり自立神経は副交感神経よりも交感神経が優位になりやすくなります

より質の良い睡眠つまり睡眠中、 レム睡眠とノンレム睡眠を交互にやってくる状態になるためには副交感神経が優位にならないといけません

交感神経が優位になっているとノンレム睡眠になれないのです

そのため 痛みなどの自覚症状がない 予備軍の方は副交感神経が優位になりにくく睡眠が浅くなり寝返りなどが打てないまま朝を迎えることが多いです

ここが大事なのですが

元々痛みだとか不調がある ので

関節や筋肉がこわばっていることにより寝返りが打たないと言った方が正しいのです

痛みや不調を早く取り除くことをお勧めします

 

腰が痛い方には『横向きで寝た方が楽 』と言われます

 

朝起きた時に 腰が痛い方などは 横向きでくの字のよう横向きでくの字のようになって寝ているのが 楽ではないでしょうか

朝起きた時の痛みの原因 は固くなった筋肉が引き起こす血流不足や関節の動きが悪くなってしまったことなどが挙げられます

 

痛みの原因は痛い場所だけではない

固くなった筋肉を伸ばす姿勢を維持してる状態は伸びなくなった筋肉をずっとストレッチしているのと同じようなものなのでその姿勢を維持するのがつらくなってきます

 

また硬くなった筋肉はただでさえ血管を圧迫し血流が悪くなっているので少しの葉された状態になってしまうとさらに圧迫することになります

そのため痛みがある部位ばっかりをアプローチしても改善しないのです

固くなった筋肉を伸ばしたり刺激を与えても変わりません

朝起きた時に感じる痛みを改善するためには筋肉を緩めてあげるだとか関節を緩めてあげる あげれば大丈夫なのですが正しい仕方を皆様は知りません

 

筋肉や関節が柔らかくなり動きやすくなる感覚を体感してみてください

筋肉や関節を守る仕組みは動物であれば全員が持っています

またその体を守る仕組みも体には存在します

 

体の痛みや不調を朝感じる方はまず寝る前の動作や前日の生活を見直すことも必要になります

その辺りも あなたも理解していく必要があります

筋肉や関節が楽になった状態を 体験して 自分の体があまりにも調子が悪いことを早く気づいていただきたいです

今日も読んでいただきましてありがとうございます