TEL LINE

坐骨神経痛とは改善の仕方6つと認知行動療法 | 大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

お問い合わせはこちら
大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

Blog記事一覧 > マタニティ整体,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正) > 坐骨神経痛とは改善の仕方6つと認知行動療法

坐骨神経痛とは改善の仕方6つと認知行動療法

2018.11.14 | Category: マタニティ整体,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

坐骨神経痛を改善できる6つ

(もう平成が終わろうとしているのにいつまで昭和の治療方法の考え方してますか?)

 

1.まず体のことを知る。

(しらない方が多すぎるネット情報や豆知識ばかり)

2.マッサージや矯正や鍼だけではなく坐骨神経痛の為のアプローチをする

(施術を受ければ改善する昭和の発想は捨ててください)

3.正しい姿勢を理解する

(姿勢がよければいいとかもう捨ててください)

4.冷えを防ぐ知恵のことを理解する

(冷え冷えって温めればいいという発想はおばあちゃん達がすでにやっていて失敗しています)

5.太り過ぎには注意をする

(そんな因果関係はあまりないが、気持ちが大事)

6.ストレッチや体操を行うと良いのですがストレッチや体操の仕方や意味を理解した方がいい(ストレッチや体操だけで改善するのは症状が軽いものだけです)

 

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは腰から足にかけて伸びている坐骨神経が様々な原因によって圧迫刺激されることで痛みや痺れなどの症状を 出していることをいいます

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、お尻や太ももの後ろのふくらはぎ、つま先などの痛みや痺れが現れるだけでなく 痛みによる歩行障害も伴うこともあります

当院でも、多くの 方が坐骨神経痛の症状で悩まされていますが、

よく勘違いされがちなのが

・マッサージをしていたら治るんじゃないか?

・ストレッチをしていたら治るのか?

とか言われますがそのようなことだけでは治らないことが多いので しっかり体のことも理解してください。そうすると改善されていきます

 

原因

若い年齢の場合は、腰椎椎間板ヘルニアの方 と診断されることが多いのですが、坐骨神経痛の割合も意外に多いです

高齢になると ほとんどが腰部脊柱管狭窄症を原因として発症し腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり など おこる異常によって坐骨神経痛が圧迫された際に痛みやしびれを引き起こしています

このように堅苦しく原因を述べていても難しいと思いますので、 このような症状が もっと違うことで改善できることがあることを知ってほしいです

しかしながら残念ですが、改善できない かたもいます

比較的少数ですので一度しっかり体のことを理解し施術にあたられるといいと思いますよ

 

症状

坐骨神経痛はお尻や太もも、ふくらはぎ足にかけて鋭い痛みやしびれふくらはぎの張り 冷えや灼熱感締め付け感などの症状を訴えられます

このような症状は、足の一部だけで強く 感じることもあれば足全体に強く感じる場合もあります

症状は人それぞれですので、 多くの方が感じる症状を 書いているのですが

人それぞれ感じ方が違います。なので あまり深く考えず、ひとつひとつクリアしていけるようにしていけるといいと思いますよ

 

治療方法

坐骨神経痛は 、原因疾患にかかわらず症状を和らげることを目標にしています

病院や整形外科で治療を行い 十分に痛みが軽減しない場合は 理学療法や認知行動療法などを試してみるといいですよ

薬物療法

僕は整骨院、整体院なので薬物療法については書くのはやめときますが あまりにも痛みがある場合は痛み止め などをうまく利用して症状を緩和させることもお勧めします

よほど薬に アレルギー反応がないのであれば そのようなことも考えてみるのもいいと思いますよ

理学療法

運動療法やマッサージなど を行うことにより代謝機能や身体機能などの改善を目的に行う施術方法です いわゆる整体院、整骨院などで得意とするところです

しかし、これだけでは改善しない方の方が多いので もしマッサージに一生懸命通ってるだとか整体でうまく 良くならないとか ストレッチや体操お家ヨガなどをやっているんだけど、一度相談してください

 

認知行動療法

認知行動療法は 当院で最も得意とする 方法です

痛みについて誤った認識を修正する認知療法

痛みと行動の関係を知り日用生活できることを増やしていく行動療法を組み合わせた治療方法です

物理療法や 認知行動療法を組み合わせていき他にも様々なことについて修正していくと 症状は意外と楽になりますので 一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

坐骨神経痛は生活習慣を見直すことで予防や改善につながることが多いんです

日々の生活で 無理せず行えることを相談してできるといいと思いますよ

坐骨神経痛を改善できる6つ

(もう平成が終わろうとしているのにいつまで昭和の治療方法の考え方してますか?)

1.まず体のことを知る。

(しらない方が多すぎるネット情報や豆知識ばかり)

2.マッサージや矯正や鍼だけではなく坐骨神経痛の為のアプローチをする

(施術を受ければ改善する昭和の発想は捨ててください)

3.正しい姿勢を理解する

(姿勢がよければいいとかもう捨ててください)

4.冷えを防ぐ知恵のことを理解する

(冷え冷えって温めればいいという発想はおばあちゃん達がすでにやっていて失敗しています)

5.太り過ぎには注意をする

(そんな因果関係はあまりないが、気持ちが大事)

6.ストレッチや体操を行うと良いのですがストレッチや体操の仕方や意味を理解した方がいい(ストレッチや体操だけで改善するのは症状が軽いものだけです)

 

 

を気をつけることをする

本日もブログを読んでいただきましてありがとうございます