TEL LINE

歩き方や姿勢を治す為には | 大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

お問い合わせはこちら
大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

Blog記事一覧 > ストレートネック,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正) > 歩き方や姿勢を治す為には

歩き方や姿勢を治す為には

2018.11.19 | Category: ストレートネック,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

健康には、適度な運動が必要なんですがその中でもウォーキング は、誰でも自分のペースで始められる運動ですよね

しかし正しい歩き方に対する知識が ほとんどの方に不足していると思われます。

 

あなたは歩き方は大丈夫?
買い物のカートやベビーカーを蹴ってませんか?
前かがみで歩いてませんか?
腕が前に交差してませんか?

 

変な歩き方をしていると怪我や 痛みの原因になる

正しい歩き方や必要な筋肉をつけること、うまく使うための体にすることも大事です

正しい歩き方をしっていても体がうまく動かない方は多くいます

 

多くの方は歩き方がうまくありません

この間、 名古屋に勉強に行ったのですが 大垣に比べて人が多いです

そのぶん人間観察をすることが増えるのですが 、みんな歩き方を意識はしてませんよね

意識してなおせるかならまだいいと思いますが 、そんな歩き方をしてると

肩こりや腰痛、背中の痛み膝の痛みなど 問題が出てきますよね

女性においては足のむくみがや足が太くなってしまったりしますよね

最近、よく皆様にいわれるのが大股で歩いた方がいいということを聞かれます

大きな間違いです

 

私は、踵接地という人もどうかと思っています

大股で歩くいわゆる歩幅を広くするということは、足が地面に接地している時に膝を伸ばすことがしづらいのです

そのため膝が曲がってしまうという欠点があります

 

じゃあどうやって歩くの ていう悩みがあると思いますがなかなか文章で説明するというのは難しいですね

子供の頃から歩くということを続けていれば歩くということに障害がない人生を送れるのですが、 やはり今の時代は 車や自転車、公共交通機関などが優れており歩くということをすることが少なくなってしまいます

そして歩くということを知っていても『食事』や『睡眠』や『運動』というものがうまく機能しておらず疲れ切っている方も多いですね

本来、歩く事っていうのはエネルギーをそれほど消費せずに行うことができることがあるそうです

あなたは1日どれぐらい歩きますか?

1週間でどれぐらい歩きますか?

日常生活で歩く機会が少なくなってはいませんか?

現代人というのは歩くために使う筋肉が弱くなってしまい歩行能力が 衰えしっかりあることができない人が増えています

そして、歩くとすぐに疲れてしまうのです

その結果楽な歩き方を追求してしまうことが多いですね

歩かないことにより

筋力低下が起き→歩く力が衰える→疲れやすくなる→歩かなくなっていく

悪循環が起きていることが多いです

人間の必要な事としては『 食事』や『睡眠』や 『歩行』が大事になります

 

意外に運動が体にいいと思っていますよね・・・

運動=健康ではない

正しい体の使い方をしていくことが、健康になるということを皆さんがしっていただける時代になることを僕は期待しています

正しい体の使い方をすることにより歩くということがうまくできるようになります

そして、立つ・歩く・座る、といった日常生活動作をうまく使い

階段を上ったり、しゃがんだり、座ったり、立ったり、日常生活の中で体が強くなっていけることを僕は求めています

当院では立つ・姿勢・座る・というのを一から患者様達に説明してます

意外に、足の指一つ、足一つ、股関節一つ、お尻の筋肉ひとつ、背中の筋肉ひとつ、肩甲骨、胸の筋肉、お腹の筋肉など意外と皆さん使えていません

なのに、インソールやサポーターなどの道具で姿勢をごまかそうとしています

これはとっても危険なことです

これらのことが普通にできるようになっていただけると良いと思います

最近ではよくロコモという言葉もよく聞きますよね?

だけど言葉や単語ばっかりが先行している時代になっているような気がします

 

歩くという動作をする時っていうのは まずかかとを接地するという発想よりも、

地面を後ろに蹴り出すようなイメージで前に進むことが大事になります

そのため後ろ足の親指などで地面を押して、 体を前に出しますの時に重心も大事になります

反対側のから足で体を支える ということもできる必要があります

このように重心がしっかり足が地面を押して進めれれば膝というのは伸びて正しい方向に近くなります

このように歩くということだけでも様々な知識が必要になり、その上でその体を可能にできる

体の使い方また体の動き方を勉強していく必要があります

そこにどのように刺激を入れたりすることを理解していないと歩行というものを学べません

しかし、ここから始めると大体の人は失敗するので

当院では、まず体の機能を上げていき座位から始め立位、歩行と能力を上げていけるようにプログラムを組んでおります

もしご自身が姿勢や歩き方などが綺麗に歩けたり、疲れにくい歩き方ができたり、座り方ができたりしたいのであればどうぞ当院に来院ください

今日も読んで頂きましてありがとうございます