TEL LINE

お正月休みなどの連休にぎっくり腰にならない為の6つ | 大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

お問い合わせはこちら
大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」
大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

Blog記事一覧 > 未分類 > お正月休みなどの連休にぎっくり腰にならない為の6つ

お正月休みなどの連休にぎっくり腰にならない為の6つ

2018.12.23 | Category: 未分類

お正月休みにぎっくり腰にならないための注意点6つ

1.同じ姿勢を続けない

2.ごろごろしすぎない

3.大掃除をまとめて頑張らない

4.寒い所にいすぎない

5.食べすぎない

6.夜更かし

気をつけましょう

1.同じ姿勢を続けない

同じ姿勢になることが増えますよね

長時間のテレビや同じ姿勢での掃除など時間が無駄にあると同じ姿勢になることが増えます

疲れたから眠るや夜の睡眠ならまだしも18歳を超えた人間があまりにも長く寝ることはおすすめしていません

体調や疲労度にもよるとは思いますが長く寝ていることにより逆にカラダえらくなる体験をしたことはありませんか?

年末年始はそんなに肉体が疲れることは少ないと思います

寝過ぎには注意してくださいね(*_*)

 

2.ごろごろし過ぎない

時間があるとつい、ごろごろしすぎることが多くなりますよね

普段はあじわえない時間を過ごすことは悪いことではありません

ゆっくり過ごしてください

しかし、あまりにもごろごろしすぎるとカラダが固くなってしまいます

・立ち上がった際に

・前かがみになった際

になど発症しやすくなりますのでご注意ください

 

3.大掃除をまとめて頑張らない

大掃除後にぎっくり腰になる方も意外に多いですね(*^_^*)

・大掃除中に前かがみで作業をしていた後に体を伸ばした際

・大掃除後の次の日朝立ち上がれない

こんなこと多いですね(*^_^*)

 

4.寒い所にいすぎない

年末年始はやはり寒いですね(*^_^*)

大晦日やお正月に長く寒い所にいる事でカラダの血流や関節・筋肉に影響を及ぼします

普段から日常生活で寒い所にいる事がほとんどの方は少ないですよね

その為、このような時だけ外にいるので寒さに弱くなっているのも影響します

 

5.食べすぎない

忘年会からクリスマスから年末年始と食事量が増しますよね。

胃や腸などの内臓系に負担かかっています。

体を治すのに使うエネルギーもそちらに使うことにもなります

そして、太りやすくもりますよね?

すると、反り腰になどの急な体型変化についていけなくなります

また、下着や衣服もきつくなることで体への負担も増します。

注意してください。

6.夜ふかし

夜ふかしはとってもよくないです。

正直夜ふかしして、健康な方は見たことがありません

私がお客様をみていて思うのが一週間に2回以上夜ふかししている人に健康な方は少ないですね(^^)

参考にしてみてください。

 

つづきはまた後日・・・・

 

良い年越しになるといいですね。

今日も読んでいただきありがとうございます