TEL LINE

寝返りができなくても痛くない体を目指す | 大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

お問い合わせはこちら
大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

Blog記事一覧 > 姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正) > 寝返りができなくても痛くない体を目指す

寝返りができなくても痛くない体を目指す

2019.01.09 | Category: 姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

そんなのは無理じゃないか

ありえない

わけわからない

なんて声が聞こえてきそうです

が、 そんなことを考えなければいけない状況になったらどうしますか?

 

多分このようなことを思う方はそのような状況になったことがない、もしくはなったけれども考えれなかったっていう形ではないでしょうか

 

また治療家であればそんなことはありえないってもし思うであればそのような状況になってみてはいかがでしょうか?奥様に聞いてみてください

どうにかしてこのような状況で痛みが出ない人にならんならないといけないっていうことを考えるべきではないのかと思います

さて私はなぜそのようなことを言うかというと 、

同世代なら、一番身近でこのようなことがあるのは育児です

 

産後のお母さんたちはほぼ寝返りがうてません

子供がどちらかにいるし、また二人いたら 両方に寝返りが打てません

下手したら両方の腕の中に子供がいたりして上向きのまま寝返りが打てないこともあります

私もそのような経験をしました

私の場合一番つらかったのは片側に壁で片側に子供です

もう30 cmの隙間で寝る日が続きました

なぜ壁側に子供をかないのかと言うと、冬場に多いと思いますが、壁側はとても冷たく体の体温を奪います

そのため子供が風邪をひきやすくなるのです

だから子供を壁側に置いておくということは私にはできませんでした

ベッドで寝ていていたためベッドに落ちるのも心配でしたね

 

それと何日も何日もそのようなことをやっているとやはり体が痛くなります

首が痛くなり腰が痛くなり背中が痛くなり、寝不足も影響して足がつりやすくなったりします

 

体が冷えるため、四十肩や五十肩のような症状も出てきます

大変です(T_T)

しかし体が悪くなっても週末に子供と遊びに行かなければいけません

しんどくなったり、仕事していてもつらいですしぐっすり眠りたいと思っても寝つけないのです

じゃあ、ゆっくり眠りたい子供いなくてもいいというわけにはいきません

 

やらなければいけないのです

そのためそのようなことを考えます

体が痛くなってからでも、

30センチの隙間とはいえ、その隙間の中で体をよくして治っていき悪くならないようになるというのが 僕が考えたいことです

 

そして僕はそのようなこともできるようになりました

長くは続けたくないですが‥

 

こんな苦労はする必要はないですよ。

 

読んでいただきましてありがとうございます