TEL LINE

大垣市のお尻が冷たい腰痛の方へ | 大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

お問い合わせはこちら
大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

Blog記事一覧 > マタニティ整体の記事一覧

大垣市のお尻が冷たい腰痛の方へ

2019.01.21 | Category: マタニティ整体,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

大垣市の 運動不足解消のために歩き始めたいあなたへ

2019.01.17 | Category: ストレートネック,マタニティ整体,四十肩・五十肩,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

新たな年や新たな季節になりそろそろ新しいことを始めようと思う方も多いと思います

年や季節を越えてから言われたことは

・姿勢を直したいです

・歩き方を変えたいです

・痛みをそろそろ改善させたいです

・動きを良くしたいです

・歩けるようになりたいです

・歩く習慣をつけたいです

・ヨガなどしたいです

・産後の骨盤矯正をしてしっかり体を整えたいです

・スポーツの能力を上げていきたいです

 

このように新たな気持ちを持って頑張る方も多いですね

 

しかしここで気を付けた方がいいことがあります

 

頑張りすぎてしまうのです

 

世の中の情報に惑わされて

・毎日歩いてしまったり

・毎日運動してしまったり

・体にいいと思い込んなら毎日頑張ってしまうのです

 

せっかく頑張ろうと思っているのに1ヶ月も続かずに体が痛みが出たり不調になったりしてしまいます。

そうすると、

やっぱり運動というのはいけないんだ

無理なんだって

 

思ってしまい二度とやらなくなってしまうそんな方が多く見えます

 

とっても残念です

 

もしやり方や方法などが分からなければご相談ください

 

あまり本や情報誌やテレビやネットの情報でやってしまうと 解釈や方法が間違えてしまっていることが多くありますお気をつけください

 

本日も読んでいただきましてありがとうございます

冬のむくみにご注意ください

2018.12.26 | Category: マタニティ整体,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

冬は意外にむくみで悩まれる方も多いですね

夕方になると靴下の跡がついたりふらりの筋肉が硬くなっているなどの症状がありませんか?

むくみとは

むくみは皮膚の下に余計な水分が溜まっている状態です

すねの部分を指で押してみてへこんだ跡が元に戻らない場合はむくみが起きている証拠です

朝には履けた靴が夕方にはきつくなっていたり靴下の跡が付いているなどという現象もむくみが原因です

むくみは肝臓や心臓の病気があると起きやすいと言われていますが多くの方は 筋肉や血液、水分の問題が多いです

特に女性に多く最近では事務職などの 仕事が多い男性にも多く見られます

冬のむくみの原因は

代謝の低下の問題

冬は 活動量の低下から血流やリンパの流れが滞りむくみとなって現れます 冷えて筋肉が硬くなったりむくみが改善しにくいでもありますのでご注意ください

水分不足

水分が不足し老廃物を排出できなくなりむくみが起こることがあります

トイレを嫌うことや水分補給を控えることで 起きることがありますご注意ください

 

対策は

体を動かす

同じ姿勢を続けることを減らすそのため 極力気が付いたら姿勢を変えたり足の筋肉を動かしたり体を動かすようにしましょう

体を温める

冷えを防ぐために体を温めましょう

生姜など 体を温める作用のあるものや 血流促進につながるものなどを摂取するといいと思います

 

マッサージをする

血流やリンパなどを流しながら血行促進をする

 

今回はむくみについて書いてみました

水分に関しては取り過ぎもよくないという説もありますのでその辺はご注意ください

今日は読んでいただきましてありがとうございます

お子様一人目の産後骨盤矯正で悩まれる点

2018.12.21 | Category: マタニティ整体,産後のケア(産後骨盤矯正)

初めて子供を出産したママさんが産後骨盤矯正を受けようと思っている方で 多く悩まれるのが

・いつから産後骨盤矯正に行けたらいいのかな?(自然分娩は1か月後。帝王切開は2か月後~大丈夫ですよ)

・まだ子供が小さいので外に出すのが 心配(1か月以内は色々ありますが、2か月以降は比較的大丈夫なことが増えます)

・子供の泣き声がうるさいんではない か?(小さい子の方が鳴き声も小さく平気ですよ。当院の場合は他のお客様がいないので安心)

・予防接種などが多くなかなか余裕がない・・・(予防接種の4日~1週間前がオススメ。)

・慌ただしくてなかなか自分の時間が作れない・・・(思い切って出てみよう(#^.^#)きっと大丈夫)

 

このように 子供の一人目の出産においては色々皆さん悩まれます

 

二人目の子供を出産する頃には 、意外に大したことのない悩みになってしまいます

 

産後の5か月くらいまでは意外に泣く理由が

・おむつの交換

・授乳

・眠たい

・かまってほしい

などがあります

このようなことは対応がしやすいのです

(6カ月になると通院が難しくなる・・)

※7か月位の方はいっそのこと1年後から通ってみてはいかがですか?

痛みのある方は早めに受診ください

 

1人目の出産においては、 一つ一つの事が初めてですし色々なものが気になったり 神経質になってしまったりします

それは仕方がないことですね。

しかし、カラダは着実に変化をきたしています

そのため産後の施術やケアを 先延ばしにしてしまったり 受けなかったりする方が多く見受けられますね

 

先延ばしすることにより起きる症状が

・体の筋力も低下

・柔軟性も低下

・骨盤も固まります

・お尻も大きくなったる

・太ってしまうこともということが起きてしまうことがあります

(1人目の出産では意外に体型は変化が少ない人が多い)

しかし、機能が低下している方が多く時間をかけて崩れる原因になる方多いです)

 

いかがですか?

まだ一人目で色々なものが気になることだと思いますが

思い切って外出してみてはいかがでしょうか?

 

当然、人の多い場所や 無理なことはするべきではありませんが

意外にできることもあると思いますよ

 

当院の場合、産後の骨盤矯正は 半年ぐらいまでには終了していきたいと考えております。

 

その後はケアや調整をしていき徐々に卒業していく形になっています

 

子供さんがなんとなく落ち着くのを待つと産後6か月ぐらい経っていることがあります

育児がなんとなく落ち着くには4年程かかります

2人目を考えると6年は経過しています(>_<)

怖い・・・

 

産後の半年以上になると難しくなる大きな3点

・骨盤がホルモンの影響により固まりやすくなる

・体の筋力や柔軟性などが低下してしまっている

・子供さんが 寝返り、人見知り、場所見知りなどが始まりより外出しづらくなる

 

このように 体がどんどんとおかしくなっていくとともに、子供さんも成長し だんだんと より外出しづらい環境になっていきます

 

特に 場所が変わったり知らない人がいる場所に行くと、なおさら赤ちゃんは苦手な環境に行くので外出しづらくなります

 

もしも産後一人目で二人目でも行かなきゃと思っているのであれば一度早めに思い切ってお試しでもいいので 行ってみてはいかがでしょうか?

 

産後の5か月くらいまでは意外に泣く理由が

・おむつの交換

・授乳

・眠たい

・かまってほしい

などがあります

このようなことは対応がしやすいのです

 

しかし6か月のお子さんはママ以外の誰がみても難しいことが多くなります・・・

ご注意ください

 

もしわからないことなどがありましたら ご相談ください

今日は読んでいただきましてありがとうございます

体が痛むのに未だに 自分でどうにかしようと思っているあなたへ

2018.12.17 | Category: ストレートネック,マタニティ整体,交通事故・むち打ち施術,四十肩・五十肩,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

あるお客さんにずっと痛くていたんだけれどテレビや雑誌や YouTube や痛み止めなどの情報で自分でどうにかしようとずっと悩んできた。。。と言われる人が見えました

本人は、

・自然に治ると思った。

・なんとかよくなるから

・お金が高いから

などいろんな話が出てくるのです

痛くなってよりお金がかかっていることを早く知って欲しいですね

 

長い間や何年かけて治療する事よりも早く良くなってしまって、 お金があまりかからなくていい人生を送った方が良いのではないかな??とつくづく思っています

 

 

あなたはいかがですか?

 

いかにお金かけないと長々と生活しているとそれだけでも、仕事や日常生活や夫婦関係や楽しみなどがうまくこなせないことが多いですよね

そうなると ロスの方が大きくなっていることに気付いて欲しいなと感じています

 

しばらくしてから施術を受けたりして良くなればいいやと思ってる方も多いかと思いますが、

そのような形の考え方というのはあまり賛成ができません

 

なぜかと言うと人間は年老いていくうちに、骨の変形や筋肉の萎縮や筋肉の柔軟性の低下、

神経系やクセなど本人が分からない所でもどんどん体は変わっていきます

 

その体の変化により内臓機能の働きやホルモンの異常なども起こすことがあるのです

 

 

あなたは少しのことだと思っているかもしれませんが、、、

どんどんどんどん変わっていっているのですよ

 

もし、あなたがもう少し後でもいいや。。。とか

もうちょっとしたら、、、

ともしやる気が少しでもあるのだであれば早めの方がいいと思いますよ

そして今すぐできないのであれば近いうちに早めに体を改善してください

 

最後に自分の考え方に似た人との施術は受けないことを が望ましいと思います

 

なぜかと言うと

分かりやすい意見や説明こそあなたの意見にそっくりな発想です

 

 

とても簡単な発想なんです

 

だから改善しない今のままなんです

少しでも分かりにくいなと思ったことを歩み寄ることもしてみてはいかがですか??

 

身近な存在でおじいさんやおばあさんを見てください

 

おじさんやおばさんにこういうことするといいよ ?

〇〇とするといいよ?

といいことがあっても多分受け入れないことの方が多いと思います

 

おじいさんおばさんは、どんな簡単なことでも受け入れない人が多いですよね

 

なぜかと言うと自分の世界観でもう一杯なんです

 

なので新しい簡単な情報でも受け入れられません

 

このようにどんどんどんどんと自分の世界観が決まってくると簡単な事なんですが受け入れられなくなるそうです

 

少しでも若いうちから受け入れる歩み寄れるような人になっていけるようにしていきたいものですね

今日は読んでいただきましてありがとうございます

産後の赤ちゃんの抱っこの仕方や注意点

2018.12.16 | Category: マタニティ整体


産後の赤ちゃんの抱っこの仕方や注意点

産後の骨盤矯正をしていると産後のママたちに必ず言われるのが抱っこの仕方、長時間の抱っこ姿勢をしていると腰が痛くなる肩がこるなどの質問です

子供さんが6 kg を超えると腰痛や肩こりなどの質問や相談が強くなってきます

皆様はいかがでしょうか

抱っこの時にこんなことはしていませんか?

・反り腰になる

・かかと重心

・同じ抱っこ姿勢のまま

・脇が開いている

意外と当てはまる方は多いと思います

それらは絶対に間違っているとは思いませんが、続けることによって腰痛や肩こりを引き起こすことになります

私も二人の子を持つ父親ですが育児をやってきました。

悪い育児を続けていると必ず腰痛や肩こりが起きます

特に長時間に抱っこをしなきゃいけなければ行いけない時

・お祭り

・アミューズメント施設

・公園の帰り道

・子供が風邪などの病気のとき

など

長時間にわたり抱っこを続けなきゃいけない場所に行くととても大変になります

腕が引きちぎれるんじゃないか?

足元もふらついてきます

肩こり、腰痛、背中の張り、ひざも痛くなる

ディズニーランドに行った際は一週間は筋肉痛が治りませんでした

夜泣きなどはまだ、経験しない方もいるかもしれませんが、日中疲れている体に対して夜中に泣く子供をあやすのは、体というのは壊れ始めます

自分は育児のプロではありませんが、

体の使い方のプロ

教えるプロ

としてはそのような体の使い方は好ましくありません

身体の使い方について、

産後の骨盤矯正 で通院された方にもお伝えはしています

産後のケアをしながら、産後のカラダの使い方も勉強してみるのも良いかと思いますよ

読んでいただきありがとうございます

産後の骨盤矯正+体の使い方+育児の仕方(抱っこや持ち方)

教えています

それでは失礼しました

 

産前(妊娠中)の腰痛と恥骨痛のケアやマタニティ整体

2018.12.15 | Category: マタニティ整体

マタニティ整体の重要性

産前(妊娠中)にケアをしない方があまりにも多いのに驚きます

妊娠中(産前)での症状として多いのは

・腰痛

・恥骨痛

・坐骨痛(お尻の痛み)

・股関節痛

・足のむくみ

・足がつる

・肩コリ

・二人目以降の方は、上の子の育児疲れ

・難産になることがある

などがあります。

いかがですか。

そして、

その症状は産後に間違いなく悪化します

 

意外に出産も大変になる方が多いみたいです

 

骨盤がうまく動かないことにより自然分娩ですむ所が帝王切開になってしまうケースもあるようです

 

あなたも、気をつけてください

 

母子ともに子供を産む際に、

無理する必要はないと考えています。

 

子供もゴリゴリの産道を通るのはかわいそうですよね。

 

では、今日はこのへんで読んでいただきありがとう

ございます

 

何もしていないのに痛い。

2018.12.14 | Category: ストレートネック,マタニティ整体,四十肩・五十肩,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

何もしていないのに痛い、こんな悩みや経験ありませんか?

よくこういう相談は受けます

何もしていないのに痛い。

こんな時に、よくある症状や、考え方について書いてみました

 

何もしていないのにこんな症状ありませんか

・腰が痛い

・ぎっくり腰になった

・四十肩五十肩になった

・首が痛い

・肩が痛い

・膝が痛い

・指が痛い

・頭が痛い

などありますよね。

こんな、事考えてみませんか?

あなたがもし痛みや不調に悩んでて 何もしてないのに症状が出ていると 持っている時になんで治らないんだろうとか悩んでいると思います

しかし、気付いて欲しいのは 体というのは年々 悪くなっていきます

 

そのため体について考えたり普段の日常生活で体が悪くならないようにするため

とか日常生活の改善をすることは必要になるんですよ

 

今までが大丈夫だったから、これから先も大丈夫ということは残念ながらありません

 

たまたまその日がその症状になる日だっただけにその日に起きなくてもいつかは起きるかもしれませんよ

よくある一例

・最近座る時間が長い

・手を上に上げることも少なくなった

・指や手首など動かすことが少ない

・膝をしっかり曲げたりしっかり伸ばしたりすることがない

・背中を伸ばしたり肩甲骨を動かしたりすることも少ない

・仕事以外に歩くことが少ない

・腰を反ったり捻じったりしない

 

いかがでしたか

ほんの一例ですが

意外に子供の頃や若い頃やっていたことが年々やらなくなって 体が動くか動かないか分からない体になっていませんか?

 

たまたま体の一部に痛みが発生した際に、気づいただけです

それが痛いと感じます

 

毎日や1日に何回その体をもし動かしていれば体の痛みや不調に早く気づいたかもしれませんよ

 

痛みになる前の早期に早く気付いていればもっと悩むことも少なかったと思いますよ

 

一度そういった事まで気をつけてみて体の ケアにあたってみてはいかがでしょうか?

なかなかこのようなことは分かりにくいと思いますので 運動や体操をする前にこのような事を相談できる所に聞いてみてはいかがでしょうか?

 

今日は読んでいただきましてありがとうございます

ラインからご相談やお予約をお待ちしています

 

 

反り腰改善方法4点について

2018.12.12 | Category: マタニティ整体,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

本日もブログをご覧いただきましてありがとうございます

今日は立つと痛む、抱っこ時に痛む、歩く時に痛いなどから反り腰による腰痛で悩むこと相談を受けましたので改善方法について書いていきます

どうするといいかについて4つ

1.腰は反る捻じるというのに適していない構造。これを知ってほしいです

2.かかと重心ではなくつま先重心になる

3.お尻の力を使えるようにする

4.お腹の力を使えるようにする

 

どのようにするか?今あなたにできることは?

1.今あなたはまだ、反り腰で腰が痛い方なのかもしれません

まずは反り腰を止めるというよりは立つ姿勢の種類を増やしてみてはいかがでしょうか?

2.つま先側で立つ。

かかと重心というのが悪いわけではありませんが、疲れた時とか楽したい時だけかかと重心になるのはいかがですか?

日常はつま先側で立っていることを増やしていかがですか?

しかし問題があります

つま先の指や足の関節が固い方や動きづらい方は、まだつま先側で立つのが難しいかもしれません

その辺も足を少し柔らかくしながら立てるような人になるといいと思います

3.お尻の力を使う

これはなかなか言葉や動画だけでは理解しがたいことかもしれません

そのため 医療機関や整骨院、整体院などの体のことをを変えるのが得意な先生に一度相談してみてはいかがですか?

内股やがに股による問題は

内股では腰が反りやすい

ガニ股で腰が引けてしまっている方も多いですよね

4.お腹の力を使う

簡単なやり方としては肋骨を持ち上げてお腹を引き締めるとお腹の力を使いやすくなりますよね?

腰に負担がかからない立ち方が出来るのです

なかなか産後の方や体重が多くなってしまった方々には最初は難しいかもしれませんね

日々努力されるといいと思いますよ(体に詳しい整体をうけるといいですよ)

いかがでしたか?

少し難しいかもしれませんよね

しかし姿勢というのはこれらが色々できてくると簡単に過ごしていきます

そのため意識して てみてください

今日は読んでいただきましてありがとうございます

冬の頭痛の原因の冷えについて

2018.12.10 | Category: ストレートネック,マタニティ整体,交通事故・むち打ち施術,四十肩・五十肩,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

 

最近では朝晩がとても寒くなってきましたね

寒い時期になってくると頭が痛くなってきたりする方も多いと思います

寒い時期や 寒い日寒い場所での冷えに関係するケースや対策を書いていきます

体が冷えていませんか

体が冷えることにより頭痛が起きることはありますよね

身体全体が冷え血流が悪くなっているケースや耳も冷えてしまって頭痛になるケースがあります

 

寝起きによる頭痛が起きやすい方は、全身が冷えている場合や頭部がむくんでいる可能性もあります

外に出ると頭痛がひどく耳が痛いという方は寒冷刺激によって 痛みも出ていることがあります

首元や肩を温めていますか?

この時期は体を冷やすことは大敵です

首元や肩をしっかり温めましょう

 

お風呂に入りましょう

意外にお風呂(湯船)に入らない方も多いんですよね

この寒い時期は特にお風呂にも入りましょう

そして朝起きる時間の30分~1時間前ぐらいに暖房をつけて起きるのもオススメです

 

耳あてをつけよう

今はイヤーマフというんですかね ?

耳を温めることにより頭の冷えや頭痛の予防もできます

 

マッサージをしましょう

体や首や耳などマッサージするのもおすすめです

 

頭痛や肩こりなどをしている人は一度耳を触ってみてはいかがですか?

こんなことして痛かったらヤバイ”(-“”-)”

・耳を餃子のようにしてみる

・耳をシューマイのようにしてみる

 

だいぶ冷たく硬くなっていると思います

当院では耳の整体をするぐらい皆さん耳が硬くなっています

 

水分補給をしよう

不意に頭痛が起きる方の多くに意外と脱水症状の方がいます

 

夏は脱水症状が起きやすいのが分かりますよね?

しかし、冬は意外と脱水になっていることに皆さんは気づきません

寒いため水分をとることを忘れてしまうのでしょうか?

 

脱水症状が起きると血液量が少なくなるので 普段通りに血液が流れていきません そのため頭痛になったり集中力が低下したり足がつるなどの症状が出ることがあります

 

なぜ冬には脱水になりやすいのでしょうか?

冬は汗をかくことも少ないですよね?

そのため水分が失われているという感じがしない方が多いそうです

そして空気も乾燥しやすい季節でありエアコンや 暖房のせいで空気が乾燥して体内が乾燥することがあります

 

いかがでしたか ?

冬の頭痛対策には体を温めることや耳を温めること頭をため貯めることそして水分をしっかりとること体を動かすこと が大事になります

皆さんもこれから先どんどん寒くなってくる季節ですのでお体にお気をつけてお過ごしください

今日も読んで頂きましてありがとうございます