TEL LINE

何もしていないのに痛い。 | 大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

お問い合わせはこちら
大垣市・大垣駅・不破・養老・揖斐・安八「おおまえ整骨院・整体院」

Blog記事一覧 > ストレートネックの記事一覧

何もしていないのに痛い。

2018.12.14 | Category: ストレートネック,マタニティ整体,四十肩・五十肩,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

何もしていないのに痛い、こんな悩みや経験ありませんか?

よくこういう相談は受けます

何もしていないのに痛い。

こんな時に、よくある症状や、考え方について書いてみました

 

何もしていないのにこんな症状ありませんか

・腰が痛い

・ぎっくり腰になった

・四十肩五十肩になった

・首が痛い

・肩が痛い

・膝が痛い

・指が痛い

・頭が痛い

などありますよね。

こんな、事考えてみませんか?

あなたがもし痛みや不調に悩んでて 何もしてないのに症状が出ていると 持っている時になんで治らないんだろうとか悩んでいると思います

しかし、気付いて欲しいのは 体というのは年々 悪くなっていきます

 

そのため体について考えたり普段の日常生活で体が悪くならないようにするため

とか日常生活の改善をすることは必要になるんですよ

 

今までが大丈夫だったから、これから先も大丈夫ということは残念ながらありません

 

たまたまその日がその症状になる日だっただけにその日に起きなくてもいつかは起きるかもしれませんよ

よくある一例

・最近座る時間が長い

・手を上に上げることも少なくなった

・指や手首など動かすことが少ない

・膝をしっかり曲げたりしっかり伸ばしたりすることがない

・背中を伸ばしたり肩甲骨を動かしたりすることも少ない

・仕事以外に歩くことが少ない

・腰を反ったり捻じったりしない

 

いかがでしたか

ほんの一例ですが

意外に子供の頃や若い頃やっていたことが年々やらなくなって 体が動くか動かないか分からない体になっていませんか?

 

たまたま体の一部に痛みが発生した際に、気づいただけです

それが痛いと感じます

 

毎日や1日に何回その体をもし動かしていれば体の痛みや不調に早く気づいたかもしれませんよ

 

痛みになる前の早期に早く気付いていればもっと悩むことも少なかったと思いますよ

 

一度そういった事まで気をつけてみて体の ケアにあたってみてはいかがでしょうか?

なかなかこのようなことは分かりにくいと思いますので 運動や体操をする前にこのような事を相談できる所に聞いてみてはいかがでしょうか?

 

今日は読んでいただきましてありがとうございます

ラインからご相談やお予約をお待ちしています

 

 

冬を乗り越える準備をしてきましたか?

2018.12.13 | Category: ストレートネック,姿勢矯正・猫背矯正

朝晩とても寒くなりましたね

こんな寒くなってくると 首や肩や腰や手足などが冷たくなり痛みや不調の日が多くなります

風邪などの病気になられる方も多くなりますね

そして肩こりや背中の張り腰痛なども起きてくる 頃です

あなたはこの1年間でこの冬を乗り越えられる準備をしてきましたか?

 

私はこの前回の冬から今回の冬にかけての冬に乗り越えるための体を作っています

鍛えるということではありません

1年後の冬にかけて体を作ると冬に体が痛みや不調を起こさずに乗り越えやすくなります

しかし 、冬が来ていきなり寒さと対決しては冬を乗り換えるのは難しくなります

冬の初めに、痛みが出たり、途中で痛みが不調になってしまうと冬を越すのはとても大変です

 

もしあなたが痛みや不調で悩む方であれば、

この冬を乗り越えるためには この冬を終わった後から一生懸命頑張るしかないです

 

今年の冬は、一生懸命 体をケアやフォローしながらなんとかかんとか乗り越えて行かれるといいと思いますよ(冷たいかもしれませんが‥冬だけに)

 

冬に入ってから体の痛みや不調や自分の体のケアに考えている人はもう実は遅いのです。

 

特に体のことを気をつけている人ダイエットをしてるような方々は寒さにも弱いんではないでしょうか?

人間というのは体脂肪や免疫そのようなことも考えながら 1年乗り越えていかなければいけませんよ

残念ながら日本は四季があるのです

 

良くも悪くも四季があるのです

 

冬を乗り越えるための準備が必要なんですよ

夏を乗り越えるための準備も必要なんです

 

夏と冬というのは人間にとってというよりは日本人(動物)にとってとても大変な季節だと思います

 

そのため徐々に体を慣らしていったり体を作っていく必要があると僕は思っています

 

特に現代社会の 近代化の日本人とっては 夏でも普段から外に出ず、建物の中や公共交通機関ばっかり使ったり車を使ったりしていると暑さにも弱くなってきます

冬も一緒です

しかし、夏に比べ冬はとても長いので体にダメージが蓄積しやすいです

 

寒いなあと思って体を丸めているあなた

今すぐ体を背中を伸ばし、肩甲骨を寄せて体を丸めたり伸ばしたりしてみてください

体が温まるはずです

温まらなくても 、体の動きが出て体がこわばりが減るはずです

1日何回?気が向いた時?

なんて小さいこと言わず ちょこちょこやってください

ぜひぜひやってみてください

今日は読んでいただきましてありがとうございます

 

冬の頭痛の原因の冷えについて

2018.12.10 | Category: ストレートネック,マタニティ整体,交通事故・むち打ち施術,四十肩・五十肩,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

 

最近では朝晩がとても寒くなってきましたね

寒い時期になってくると頭が痛くなってきたりする方も多いと思います

寒い時期や 寒い日寒い場所での冷えに関係するケースや対策を書いていきます

体が冷えていませんか

体が冷えることにより頭痛が起きることはありますよね

身体全体が冷え血流が悪くなっているケースや耳も冷えてしまって頭痛になるケースがあります

 

寝起きによる頭痛が起きやすい方は、全身が冷えている場合や頭部がむくんでいる可能性もあります

外に出ると頭痛がひどく耳が痛いという方は寒冷刺激によって 痛みも出ていることがあります

首元や肩を温めていますか?

この時期は体を冷やすことは大敵です

首元や肩をしっかり温めましょう

 

お風呂に入りましょう

意外にお風呂(湯船)に入らない方も多いんですよね

この寒い時期は特にお風呂にも入りましょう

そして朝起きる時間の30分~1時間前ぐらいに暖房をつけて起きるのもオススメです

 

耳あてをつけよう

今はイヤーマフというんですかね ?

耳を温めることにより頭の冷えや頭痛の予防もできます

 

マッサージをしましょう

体や首や耳などマッサージするのもおすすめです

 

頭痛や肩こりなどをしている人は一度耳を触ってみてはいかがですか?

こんなことして痛かったらヤバイ”(-“”-)”

・耳を餃子のようにしてみる

・耳をシューマイのようにしてみる

 

だいぶ冷たく硬くなっていると思います

当院では耳の整体をするぐらい皆さん耳が硬くなっています

 

水分補給をしよう

不意に頭痛が起きる方の多くに意外と脱水症状の方がいます

 

夏は脱水症状が起きやすいのが分かりますよね?

しかし、冬は意外と脱水になっていることに皆さんは気づきません

寒いため水分をとることを忘れてしまうのでしょうか?

 

脱水症状が起きると血液量が少なくなるので 普段通りに血液が流れていきません そのため頭痛になったり集中力が低下したり足がつるなどの症状が出ることがあります

 

なぜ冬には脱水になりやすいのでしょうか?

冬は汗をかくことも少ないですよね?

そのため水分が失われているという感じがしない方が多いそうです

そして空気も乾燥しやすい季節でありエアコンや 暖房のせいで空気が乾燥して体内が乾燥することがあります

 

いかがでしたか ?

冬の頭痛対策には体を温めることや耳を温めること頭をため貯めることそして水分をしっかりとること体を動かすこと が大事になります

皆さんもこれから先どんどん寒くなってくる季節ですのでお体にお気をつけてお過ごしください

今日も読んで頂きましてありがとうございます

 

 

 

 

 

 

施術をしてもすぐ症状が戻ってしまうあなたへ

2018.12.06 | Category: ストレートネック,マタニティ整体,四十肩・五十肩,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

施術を受けても すぐ症状が戻るんです・・・

よなかなか 良くなりません・・・

こんな声を 他院で施術を受けた方で当院に見られた時に話される方が意外に多いです

それってどういうことなんでしょうか ?その辺を解説していきます

 

当院でも、残念ながら初診の方は

施術効果は1日から3日位でいいところではないでしょうか

当然ですが、症状が軽い方はその日で改善されるかもしれません

しかし痛みや不調が強い方が多くみえるのでそんな簡単なものではありません

 

当院では初診の方にはいつも話しているのですが、

施術効果なんていうものは1日から3日しか持ちませんよ』と話しています

 

どのように施術スケジュールプランを作成し1回2回と施術する際にアプローチ方法や意識や会話に気を付けて成長させています

施術効果だけをプランを練るだけではないのです

 

1回の施術で改善してしまうような症状は

・体操やストレッチをちょこちょこっとやったぐらいでもきっと改善します

・ゆっくり休んでも改善します

・適当にマッサージや矯正をされても改善します

 

当院では、 1回や2回ぐらい施術したところで改善しない、色々通ったんだけれど改善しないそんな症状の方が多いです

そのため1回ちょこちょこっとやったぐらいで 、もうしっかり根本的に改善しました

なんて方は逆に当院はハードルが高いかもしれませんが・・・

しかし、私はお金をいただく以上絶対に体や頭を健康にしようと考えています

そのため、簡単な説明はしていません

当然施術もしっかり一生懸命やらさせて頂きます

 

あなたが施術効果が長く持ちたいのであればやったほうがいいことについて書いていきます

・体を理解することが大事だと思います

・マッサージもしますが 筋肉のことも理解してほしいです

・関節の調整や矯正もしますので関節のことも知ってほしいです

・神経反射の手術をしますので神経系の音も知ってほしいです

・栄養学や日常生活のことも 知ってほしいです

・ストレッチ類や体操類はなぜした方がいいのか?目的を知ってほしいです

いかがでしょうか

 

症状がすぐ戻るとお話しされてるあなたへ

残念ながら・・・・

僕からすると1回塾に行ったぐらいで 賢くなれる そんな話をしているようにしか聞こえません

とっても頭のいい人ですよね

僕は学生の頃に塾に何回通っても全然覚えれませんでした

記憶もできませんでした

親のお金ですがとても迷惑をかけたな今でも思っています

 

いかがでしたか?

塾でも勉強の仕方や記憶の仕方、予習や復習などが大事になってくると思います

 

そしてテストをするたびに記憶を しっかり 覚えさせて 反復練習をさせていくことが必要になると思われます

 

あなたの体も、しっかり体に頭に覚えさせて、 健康というものを しっかり理解していくといいでしょう

 

そして予習や復習と一緒で体のことをどんどん気付いて感覚を身につけていくといいと思います

 

そういうのを繰り返してるうちに自分の不調や調子の良さというの波に気づけるようになるでしょう

 

どんどん歳をとっていく中で調子を上げていかなければいけません

 

それはとても難しいことなんです

だから体のことや自分の体をしっかり理解して自分に向き合って 体を良くしていく必要があると思います

まとめ

あなたが、体の不調や痛みに悩んでいるようであれば一回の施術ですぐ良くなるということは望まない方がいいと思います

しっかり体を理解して 施術を受けて行くことにより改善の近道になります

 

一緒に頑張ってくれる医療機関や治療院を探しましょう

 

今日は読んでいただきましてありがとうございます

痛いし怖いし なのに動かした方が本当にいいの・・・?

2018.12.03 | Category: ストレートネック,マタニティ整体,交通事故・むち打ち施術,四十肩・五十肩,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

痛いし怖いし なのに動かした方が本当にいいの・・・?

首が痛かったり、肩が痛かったり、腰が痛かったり、膝が痛かったりしますよね

そんな時に運動した方が良いという声をよく聞きます

 

さて

本当に動かした方がいいのでしょうか?

動かさなかった方がいいのでしょうか?

その辺を解説していきたいと思います

 

私の答えは、動かした方がいい です

もちろん痛い時や、怖い時に運動、体操をした方がいということではありません

痛い不安な時に動かす基本は

・痛くない方向に動かす

・痛くないように動かす

・痛くない状態にしてから動かす 

 

 

今日は 病院にてヘルニアと診断され手術も経験しかしよくならないことで、

悩まれている方でこんなことを言われました

 

『家で動かした方がいいと言われて動かし始めたら、体が楽になりました。 今までは動かすとヘルニアが悪化する飛び出すのではないかと思い避けていました』

 

この方はヘルニアの手術もしていますし 首や腰もヘルニア だとか変形だとかで

いつもコルセットが手放せなく痛み止めもやめれないでいました

当院にくるまではやめられない方でした

 

しかし、動かしたほうがいいというアドバイスだけではいたのではなく、

まず

1.体を動けるような体にしました。

2.その後に動かしてもいい方法を教えました

それと今は4回目ですが症状が改善してきたようです

この方にとっては動かしていいんだということが 頭の中に上手くインプットされ、体が動かせれるようになったのだと思います

この勢いで 1日1日、1年、2年、と体を上手に動かせれるような形になって症状が減っている軽くなっている状態が続いていただくといいなと思っています

『私の想い』

私は昔から体が痛かったり不調であったりというのを、中学生の頃から続けております。中学生のころは30分座るのもしんどい時期がありました。

様々な病院や接骨院や整体にもいきました・・・

その為、体の痛みや不調がそうそう治るとか改善されるなんて思っておりません

しかしながら、症状が軽くなったり楽になったりする時間が長くなっていくと、とても幸せだし嬉しく感じていました

私は体が調子が悪い方や不調になっている方で長く悩んでいる方には 気軽に改善させられますよ・・・・とか治りますよ・・・っていう言葉は言わないかもしれません

あなたにとってはとても不満な言葉かもしれませんが、、、

 

症状が軽くなったり痛くになっている時間が長い時こそ皆様は治った楽になったと言っていただけることが多いです

 

 

さて、なぜ体を動かしたほうがいいと言うかと言うと

(あくまで体操やストレッチではありません・・・)

 

1.体が固まっては動きにくくなるから

2.動きにくくなると 動き始めに痛みが発生します

3.動かないでいると筋肉や関節が固まりやすいです

4.血流の流れもよくなくなります

5.筋力も低下し、柔軟性も低下していきます

6.日常生活や仕事などで体を使うことが怖くなりそのようなものを避けるようになってしまいます  世界から離れてしまうことになるんでです

7.どんどん自信がなくなりやれることが限られてくると生活が楽しくなくなってしまう

その為、早くどこかで切り口を付けてあげたいのです

 

 

よくおじいさんやお婆さんなどの話の中で

『動かなければ痛くないんだ』

という言葉をよく聞きます

 

僕は、とてもその言葉が残念です

 

動かなかったら、トイレやお風呂や日常生活やちょっとした楽しみも感じられないと思います

痛くても楽しめる方はいいと思います

 

しかし、今の僕の心では

少しでも美味しいものを食べたり、楽しいところ行ったり、いろんな景色や匂い など楽しみたいと思ってしまいます

本当は野球を思いっきりしたいですが・・・さすがに肩肘は使いすぎ無理をしすぎて壊れてました・・・

その人その人の体によるとは思いますが、

少しでも動きが楽になり、楽しみが味わえれるような人になっていただけるといいなと思ってます

 

あなたは痛いし、怖いし、動きにくいと思っているかもしれません

 

少しずつでもいいので動きを作っていけるといいなと思っています

徐々に徐々にではありますが施術したり 、あなた自身でもできることでいいので動きを作って行ったりして体を改善して行ってはいかがですか?

 

今日は読んでいただきましてありがとうございます

 

骨盤を立てるとは?座り方?椅子では?どういうこと?

2018.11.30 | Category: ストレートネック,マタニティ整体,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

Q:骨盤を立てるってどうやるんでしょうか ?

こんな質問をいただきました

そして簡単な方法を教えてくださいという質問をいただきました

 

A: 難しいかもしれません

骨盤を立てるや寝かすという動作は意外に難しいですね

 

当院に来院されるお客様にもこの骨盤を動かすという練習をして頂きますが、なかなか覚えるのに時間をかかります

骨盤を立てることで間違えやすいのは

どうしても背骨を伸ばしたり腰を反らしたりする動作が入ってしまうんではないでしょうか?

そのため骨盤を立てた状態で座るということが難しくなる人が多く見ます

 

しかし、気づいたことが素晴らしい

・骨盤を立てて椅子に座る

・床に座ること

このことが、体にいいことというのが 気づいたから 考えたと思いますのでとてもいいことだと思います

 

骨盤を正しい位置で立てて座ることが可能になったら、 骨盤が背骨を正しい位置で支えられる人になります

そのため首や背中や腰にかかるストレスが減っていきます

 

骨盤が立てれればいい??

勘違いして欲しくないのが、正しい位置で骨盤を立てて座ることによって骨盤が左右水平になるというように

思ってしまう方が多いのです

残念ながら人間というのは少し歪んでいたり傾いているのが通常です

なので まっすぐになっていた方が正しいだとかを思い込まないことが大事だと思います

 

難しいですよね・・・

少し難しい表現ですよね

骨盤を立てていると 腰にストレスが少ない。しかし・・・

骨盤を立てて座ることによって腰のストレスや背骨のストレスなどは減るのですがだからといって骨盤を立ててしまえばいいというふうに考えがちです

こんなことは気を付けて

・腰の後ろに枕を挟んでみる

・骨盤の下に何か物を挟んで骨盤を立てることを強制する

 

このようなことではないので勘違いはしないでください

あくまでも

自分の力によって骨盤を立てた姿勢を維持できることが理想

 

骨盤を立っていていない状態で座っているとなぜいけないのか?

・姿勢が悪い姿勢が続くので 腰や肩こり背中の張りなどが出てくる

・疲れやすくなる

・太りやすくなると言われることもあります

骨盤を立てていればいいという解決策ではないと思います

骨盤の動きを作ることをお勧めしています

良い姿勢がいいという判断をしていません

骨盤を立てたり寝かしたりという動きを作って一定の場所にストレスがかからないように座っていられるカラダを 作っていきたいです

もしあなたが今良い姿勢でいたいと言い続けたいと思うのであればまずは、

骨盤を動かせれるようになるといいですね

しかし、むやみやたらに骨盤を動かしてると腰痛の原因にもなりますのでご注意ください

専門家のもとを指導していただくことにより可能になるかもしれません

考え方に注意が必要

・骨盤を立てたいい姿勢で座っていたい

・良い姿勢で長く座っていたい

と言う ことをあまりにも決めつけないで動きがあるのが良い姿勢

そしてその良い姿勢を続けることによって体の不調や痛みなどを防げると思ってください

いつかは長い時間もよい姿勢でいられるようになりますから(#^.^#)

 

今日は読んでいただきましてありがとうございます

骨盤についての動画もありますので見てみてください

猫背の矯正ベルトっていいんですか?

2018.11.29 | Category: ストレートネック,姿勢矯正・猫背矯正

Q:猫背矯正ベルトで猫背って治りますか?

という質問をいただきました

A:私の考え

猫背の矯正ベルトで、治るとは考えませんが

見た目がきれいでいられるならそれもいいですよね(#^.^#)

 

しかし、質問としては

背筋がきれいにして、猫背も治るのかな?ということで教えてほしいということでした

私は思うには

治らない・・・

しかし、矯正ベルトやガードルやいろいろな物という物はあるのですが、

その時の見え方、見せ方を綺麗にすればとってもいいですよね(*´ω`)

深く考えないで・・・求めすぎないで・・・

というのが私の考えです

もしあなたがしっかり治したいなっ~ていう思いがあるのであれば猫背を よくしていくための 方法などはありますので一度してみるといいと思いますよ

こんなことに注意してみて

・姿勢のことを理解する

・日常生活のご自身の姿勢を把握する

・姿勢を普段から意識する

・体の動きを良くする

・筋肉をつける

・柔軟性を上げる

・関節の動きを良くする

・姿勢維持を続けれるような体にする

このように日常生活から姿勢を良くすることも大事になります

しかしながら体にかなりのクセがついて猫背になっていると思いますし、日常生活でのクセも強くなっていると思いますので しっかり 専門家に見せながら 改善していく方法がいいんではないかと思いますよ

 

しかし、

もしあなたが今から自分でできることとしては

・1度自分の知る知識や方法で姿勢をコントロールしてみてください

・良い姿勢を続けないようにする

・意識する日を増やすという

・意識する時間を増やす

・意識する時間を増やす

などで細かく意識できるような人になっていくといい姿勢になるかもしれませんよ

 

疼痛をコントロールさせる施術

2018.11.25 | Category: ストレートネック,マタニティ整体,交通事故・むち打ち施術,四十肩・五十肩,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

まず、おおまえ整体院で疼痛除去施術といえばこれですよね??

Super SSR(スーパー神経最適化療法)

当院は岐阜県か初の認定スーパー神経最適化療法師です

こんなことで困っていまえんか?

・どこにいっても痛みが取れない

・長年の慢性痛をどうにかしたい

・腰や膝の痛みを病院で手術といわれたけれども他の方法で改善したい

・根本的に改善したい

このような方々を改善に導いています

Super SSR(スーパー神経最適化療法)は3つの道具を使います

道具1:疼痛領域探査棒

道具2:SP改善シート 広く浅い症状に

道具3:アスリートエイド 深い症状に

道具1:疼痛領域探査棒

 

 

 

 

 

 

 

探査棒を使用して痛みの見える化をする
疼痛領域探査棒を使用して痛みの発生部分をあなたと私で共有します。症状を共有する事で、痛みの領域を理解しそこにアスリートエイドを貼っていきます。

なぜ痛みの領域を共有したいか?

それは、あなたの痛みをしっかり理解したいんです

痛みを発生している場所は不健康細胞(正常に働いていない)という状態になっているからです。不健康細胞をアスリートエイドで塞ぐように貼ることで脳が痛みを認識し、高速で治癒させるシステムが発動されます。
(治癒スピード17倍~21倍)お客さんと施術者が痛みの箇所を共有し、その痛みの場所を消していきます。

道具2:SP改善シート 広く浅い症状に

SP改善シートとは特に筋肉などの広い範囲の所をに使用します。シートには8ミリ前後の間隔で丸い粒上のものがついています。
この間隔になっている時、金属粒子が放つイオンが均等に痛みを回復させ、患部の損傷した組織を素早く修復していきます。

使用貼り付け時間が短いですが、広範囲の施術に向いています

1枚1,000円(税別)

道具3:アスリートエイド 深い症状に

アスリートエイドとは特に関節の痛みのある所や痛みや筋肉の深い傷などの深い部分に使用します。中央部分には、黒いピラミッド型のチップがあり、特殊な成分でできています。
痛み領域の所に何枚も重ね貼りをする事で効果が大きくなり痛みを瞬時に消していきます。

1枚200円(税別)

範囲によって枚数が異なります

特許取得の施術方法です

施術の範囲と深さの説明

 

 

 

 

 

人間本来が持っている治癒能力を活用しています

痛みの原因は細胞組織の損傷にあります。
例えばボールがぶつかって打撲をした場合、患部の細胞組織が壊れてしまって痛みが発生しているのです。この壊れた状態を元に戻すのは、医師の処方する薬や整体師の手技ではなく、本人が持っている「細胞を再生させる能力」です。そしてこの再生能力を統括しているのが脳なのです。脳に「この部分の細胞が損傷しているよ」と教えてあげないと、患部はいつまでも痛むことになってしまいます。SP改善シートやアスリートエイドの役目はまさにこれで、痛んでいる箇所を教えてあげる働きがあります。脳が認識できていない、「損傷していることを忘れてしまった」状態の古傷も、Super SSRならば施術が可能です。

 

人間本来の力を利用して痛みを無くします。

この皮膚貼付除痛用具は角錐状で、一辺が5~10mm、高さが1~5mmであり、押圧によって確認された圧痛性及び/又は硬結性の痛みに 対し、その痛みの範囲を覆うように、かつ、隣接するように、前記シート部材の一部を重合させて面状になしたことを特徴とする皮膚貼付除痛用具である。

平成22年7月7日付け(送達日:平成22年7月13日)にて特許査定(登録特許第4570631号)を得るに至っている。
即ちこの皮膚貼付除痛用具の発明は、発明者による皮膚表面に生じている痛み発生領域(有圧痛と無圧痛の境界線の存在)を見出すことにより作成されたものである。
疼痛領域探査棒を使用し、痛みの発生部分を見える化していきます。そうする事で、痛みの領域を限定しそこにアスリートエイドを貼っていきます。
なぜ痛みの領域をはっきりさせるか、それは痛みを発生している場所は不健康細胞という状態になっているからです。不健康細胞をアスリートエイドで塞ぐことで脳が痛みを認識し、高速で治癒させるシステムが発動されます。
(治癒スピード17倍~21倍)お客さんと施術者が痛みの箇所を共有し、その痛みの場所を消していきます。

施術料金

基本は自費受付(アスリートエイドだけの施術)です
※痛み発生源の大きさにより枚数が変わります。

※症状や患部等に個人差があります。

平均施術合計5000円

整体(5000円)+SSR施術も可能です

Super SSR( スーパー神経最適化療法)の特徴

痛みを数値化する(最初の痛みを100
痛み領域を視覚化(見える化
開発したテープを貼る(隙間なく貼る
痛みを数値化する(最初の痛みを100
痛みの有無をすぐに確認することができる(主観的数値化

人類は道具を使うことで格段の進化を遂げてきた!

薬、注射、漢方、そして時間のかかるストレッチや腰痛、ひざ痛体操で時間をかけてやってみたが、「一時的」「また痛くなった」「いつになれば痛みが取れるの?」もしかして一生治らないのでは・・・・・。

当院では、こんな施術も取り入れています

こんな方は一度、お試し下さい。

痛みを取るだけではなく、治癒力の増大ができる貼付剤で特許を取得しています。
あなたが「変形性膝関節」「自己免疫疾患によるひざの痛み」「スポーツ障害」「事故等による関節障害」このような症状で悩まされているのであれば、ぜひ痛みの無い事を体験ください。

あなたの痛みが解消するまでサポートいたします。

また、この施術法は別名「脳内認識療法」とも言われいます。

疼痛領域を正確にアスリートエイドで塞ぐ事によって、脳がその場所を認識し、損傷した細胞を高速に回復させる効果があります。

従って、アスリートエイドを貼っている間だけ、痛みをゼロに抑えるだけ施術法ではなく、根本的、且つ高速に痛みを取り除く事が可能です。

しかし、私はこれだけでよくなると思っていません

しっかりそのほかの身体や心のメンテナンスもしていただくことをおススメしています

あなたの痛みを数値化・見える化します

痛みには急性痛と慢性痛があります。

Super SSRではこの2つの痛みを可視化・数値化することで、痛みを無くすことに成功しています。
数値化するためにはまず、痛みがどの程度の範囲に発生しているかを特定します

そこで先ほど紹介した疼痛領域棒を使います。

痛みの箇所と範囲によって度合いを数値化し、レベルごとに合わせた施術を施します。

軽度〜中程度のレベルであればシートを貼って痛んでいるところに隙間なく蓋をすることで、1回の施術で痛みはほぼ無くなります。

そして計2〜3回の施術で細胞組織を復活させ、元の状態へと戻すことが可能です。

慢性痛症状は、より細やかなメンテナンスが必要となります。

痛んでいる箇所を細かく特定し可視化した後、慢性の度合いを数値化して施術を行います。

当院では、私が全国でも数人しかできない施術を修行し第一期生です

最新の施術を日本アスリートエイド協会(代表斎藤先生)から直接指導を受け、認定を頂いた神経最適化療法師の一人です

あなたのお困りの症状の回復にお役に立てれれば光栄です

ストレッチや体操の回数は?時間は?

2018.11.23 | Category: ストレートネック,マタニティ整体,交通事故・むち打ち施術,四十肩・五十肩,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

ストレッチや体操どれ位やるといいの?

質問がありました。

答え

常にやるといい

とおこたえしてます。

まだ、身体の悩みが少ない方はこの考え方を受け入れるのは難しいのかもしれません。

そして、まだ少しの期間しか痛みや不調になられた方も受け入れ難いのかもしれません。

しかし、痛みや不調になりなかなか改善されない悩みを乗り越えていけるタイミングになられた方はこの考え方がわかっていただけるんではないでしょうか?

 

当院の考えの場合は、ちょこちょこやりをオススメします

ストレッチや体操をするなら

①1日1回は365回

②1週間に1回は約52回

③1ヶ月に1回は12回

①〜③このあたりは一般の人ですよね

④1日に3回 1095回

ジムやトレーナーなど健康好きな人

⑤1日にちょこちょことやると1095よりはるかに多い

まとめた時間に、ストレッチや体操なんてやりたくない人や痛みがある人、健康ではいたい人にオススメです

 

①〜③と④⑤は全然回数違いますよね?

それは、一般の方と健康に詳しい人の差は歴然ですよね😅

やるといいのはわかるけど‥‥

って感じですよね

基本的に、私は面倒くさがりやですし、

15分とか30分以上ストレッチや体操に時間を割いられません。

三時間ごとに体操やストレッチなんてしてられません。(私は‥)

そして、過去に10年以上ストレッチや体操を指導してきた立場から言わせてみれば毎日できるお客さんはほぼほぼいません。

やったたとしても、痛くなった時だけとか、仕事のラジオ体操レベル、風呂上がりのストレッチレベルということが多いですね(^^)

 

動体法の一部やり方はホームページの動画にもあげてありまし、またお話ししますね(^^)

 

読んでいただきありがとうございます

 

 

 

←お友達登録お願いします(スタンプ忘れずに)

歩き方や姿勢を治す為には

2018.11.19 | Category: ストレートネック,姿勢矯正・猫背矯正,産後のケア(産後骨盤矯正)

健康には、適度な運動が必要なんですがその中でもウォーキング は、誰でも自分のペースで始められる運動ですよね

しかし正しい歩き方に対する知識が ほとんどの方に不足していると思われます。

 

あなたは歩き方は大丈夫?
買い物のカートやベビーカーを蹴ってませんか?
前かがみで歩いてませんか?
腕が前に交差してませんか?

 

変な歩き方をしていると怪我や 痛みの原因になる

正しい歩き方や必要な筋肉をつけること、うまく使うための体にすることも大事です

正しい歩き方をしっていても体がうまく動かない方は多くいます

 

多くの方は歩き方がうまくありません

この間、 名古屋に勉強に行ったのですが 大垣に比べて人が多いです

そのぶん人間観察をすることが増えるのですが 、みんな歩き方を意識はしてませんよね

意識してなおせるかならまだいいと思いますが 、そんな歩き方をしてると

肩こりや腰痛、背中の痛み膝の痛みなど 問題が出てきますよね

女性においては足のむくみがや足が太くなってしまったりしますよね

最近、よく皆様にいわれるのが大股で歩いた方がいいということを聞かれます

大きな間違いです

 

私は、踵接地という人もどうかと思っています

大股で歩くいわゆる歩幅を広くするということは、足が地面に接地している時に膝を伸ばすことがしづらいのです

そのため膝が曲がってしまうという欠点があります

 

じゃあどうやって歩くの ていう悩みがあると思いますがなかなか文章で説明するというのは難しいですね

子供の頃から歩くということを続けていれば歩くということに障害がない人生を送れるのですが、 やはり今の時代は 車や自転車、公共交通機関などが優れており歩くということをすることが少なくなってしまいます

そして歩くということを知っていても『食事』や『睡眠』や『運動』というものがうまく機能しておらず疲れ切っている方も多いですね

本来、歩く事っていうのはエネルギーをそれほど消費せずに行うことができることがあるそうです

あなたは1日どれぐらい歩きますか?

1週間でどれぐらい歩きますか?

日常生活で歩く機会が少なくなってはいませんか?

現代人というのは歩くために使う筋肉が弱くなってしまい歩行能力が 衰えしっかりあることができない人が増えています

そして、歩くとすぐに疲れてしまうのです

その結果楽な歩き方を追求してしまうことが多いですね

歩かないことにより

筋力低下が起き→歩く力が衰える→疲れやすくなる→歩かなくなっていく

悪循環が起きていることが多いです

人間の必要な事としては『 食事』や『睡眠』や 『歩行』が大事になります

 

意外に運動が体にいいと思っていますよね・・・

運動=健康ではない

正しい体の使い方をしていくことが、健康になるということを皆さんがしっていただける時代になることを僕は期待しています

正しい体の使い方をすることにより歩くということがうまくできるようになります

そして、立つ・歩く・座る、といった日常生活動作をうまく使い

階段を上ったり、しゃがんだり、座ったり、立ったり、日常生活の中で体が強くなっていけることを僕は求めています

当院では立つ・姿勢・座る・というのを一から患者様達に説明してます

意外に、足の指一つ、足一つ、股関節一つ、お尻の筋肉ひとつ、背中の筋肉ひとつ、肩甲骨、胸の筋肉、お腹の筋肉など意外と皆さん使えていません

なのに、インソールやサポーターなどの道具で姿勢をごまかそうとしています

これはとっても危険なことです

これらのことが普通にできるようになっていただけると良いと思います

最近ではよくロコモという言葉もよく聞きますよね?

だけど言葉や単語ばっかりが先行している時代になっているような気がします

 

歩くという動作をする時っていうのは まずかかとを接地するという発想よりも、

地面を後ろに蹴り出すようなイメージで前に進むことが大事になります

そのため後ろ足の親指などで地面を押して、 体を前に出しますの時に重心も大事になります

反対側のから足で体を支える ということもできる必要があります

このように重心がしっかり足が地面を押して進めれれば膝というのは伸びて正しい方向に近くなります

このように歩くということだけでも様々な知識が必要になり、その上でその体を可能にできる

体の使い方また体の動き方を勉強していく必要があります

そこにどのように刺激を入れたりすることを理解していないと歩行というものを学べません

しかし、ここから始めると大体の人は失敗するので

当院では、まず体の機能を上げていき座位から始め立位、歩行と能力を上げていけるようにプログラムを組んでおります

もしご自身が姿勢や歩き方などが綺麗に歩けたり、疲れにくい歩き方ができたり、座り方ができたりしたいのであればどうぞ当院に来院ください

今日も読んで頂きましてありがとうございます